*

最近ぼちぼち見かける白身魚「パンガシウス」の正体とは!?

公開日: : 最終更新日:2016/09/21 BC級グルメ

パンガシウス

閉店間際のスーパーの総菜コーナーは可処分所得の不自由な男やもめにとってパラダイス。僕の場合たいていお目当ては決まっていて、まず「白身魚のフライ」からチェックしはじめます。(^q^)

白身魚といえば、ちょっと前から最寄りのイオンでは「パンガシウス」という、まるで古代ギリシャ人みたいな名前をした魚の切り身を目にするようになりました。「ス」で終わるカタカナ名ってなんか古代ギリシャっぽいですよね。アリストテレスとか。アルキメデスとか。

それはともかく、この名前。ラテン語ですねたぶん。この時点でピンと来ました。代替食材ではままあることです。

『日本人にもイメージしやすい名前をつけると(たいていの場合、見た目の悪さから)ちょっと引いてしまうので、イメージしにくい名前をつけてうやむやにしてしまおう』

というやつ。それだけではないんでしょうけど、そう受け取れる場合も多いですね。

で、「パンガシウス」で検索してみたところ。。。

パンガシウス

画像はhttp://www.scotcat.com/より

ナマズでした。

6月5日(木)ASC認証「パンガシウス」発売―イオン株式会社のプレスリリース(PRTIMES)

スポンサーリンク

パンガシウスというナマズ

僕もひまなときにはふらっと訪れてついつい長居してしまうサイト「ぼうずこんにゃくの市場魚貝類図鑑」のこちらのページにはこうありました。

ベトナム、カンボジア、タイなどでの重要な食用魚。ベトナムではもっとも養殖の盛んなナマズ。国内での商品名「チャー」はベトナムでの呼び名。アメリカ、ヨーロッパなどに大量に輸出されている。アメリカでは国内でのナマズとの価格差から問題となり、輸出軋轢を起こしている。国内でも知らず知らずに販売されており、白身魚のフライなどに加工されている模様。

実は僕はこのナマズを10年以上前から知っていました。

20代半ば~後半に東南アジアをうろうろしていた時アンコールワットへも立ち寄ったのですが、最寄りのシェムリアプという町の近くに「トンレサップ湖」という、琵琶湖の3~10倍ほどの面積を誇る(雨期には面積が広がる)湖がありまして。

で、その湖上には「この湖で獲れる魚」みたいな博物館らしき建物、というか木造の浮き桟橋のような施設が浮かんでいて、それに養殖場とレストランが併設されていました。僕がナマズ食デビューを果たしたのもここです。

ここまで読んで、

「なんてこった、イオンはこっそりナマズなんかを売って金取ってやがるのか! ヽ(`Д´)ノ」

と憤っておられる方もあるかと思いますが、上記ページには

クセのない白身でほどほどに脂がのっている。ふんわりした食感の同属のバサよりも身質はサワラなどに近い。間違いなくフライなどにしてもっとも美味な魚のひとつである。他にはムニエル、ポワレ。

ともあります。そう、実はこのナマズ、かなり美味なのです。現地で食べたアモック(フィッシュカレー)、最高でした。

なのでイオンのパンガシウスもたまに買ってます。・・・半額になってたら。イオンはJALカードのマイルが2倍たまるのはいいけど高いんだよなぁ。。。orz

代替食材の功罪

代替食材についてはもうかなり世間に広まっているので知っている品も少なくないですね。

でも個別に見ていくと「えっ、これが?」ってのは今でもあるし、これからも新たな品種が続々投入されていくことでしょう。

人によっては「こんなもの食えやしねぇ!」って方もおられるでしょうが・・・今のところ、個人的にはあんまり気になりません。なので、

知らないうちに食べていた…昆虫から作られた色素『コチニール色素』

なんてのも無問題。ってか、そんなの気にしてたら生きてられません。害がなければOK! ってのが基本的なスタンスです。(・∀・)

代替食材を導入する目的のひとつは「食材資源の枯渇を防ぐ」こと。これは大いに賛成です。

白身魚パンガシウス

また、4日前のAFP通信にこんな記事も載りました。

温暖化で英名物「フィッシュ・アンド・チップス」が危機?

【4月14日 AFP】地球温暖化による海水温度の上昇で、英国の伝統的な料理「フィッシュ・アンド・チップス」が食べられなくなる可能性があると指摘した英大チームの研究論文が、13日の英科学誌「ネイチャー・クライメート・チェンジ(Nature Climate Change)」に掲載された。

偶然ですが、これも白身魚の話ですね。資源の枯渇は乱獲のせいだけとは限らないわけです。

以前にこのブログでも「散弾銃も空気銃もいらない!そのへんで簡単に獲れるジビエ?食材」という記事を書きました。

世界的にきびしくなっていくと予想されている、食糧事情。打てる手は打って、できることはやっていく。代替食材、昆虫食の導入。賛成です!

・・・とは言っても、タランチュラの唐揚げは食えんかったなぁ。このへんの「いけるvs無理」のすり合わせが課題の一つか。。。orz
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ナマズかば焼き

【緊急レポート】土用の丑なのでウナギ味のナマズかば焼きを食べてみた。

今日は土用の丑。以前から気になっていたウナギ代替食品「ナマズのかば焼き」が近所のイオンで販売される日

記事を読む

マーライオン

進撃のエスニックカップヌードル。シンガポール風ラクサを食べてみた。

若かりし頃(今でもナウいヤングですが)雰囲気が気に入って東南アジアの方をけっこううろついてた

記事を読む

なまず

ナマズの時代キタ━━(゚∀゚)━━!ウナギ味の代替ナマズ、イオンが販売!

今から一年ちょっと前、こういう記事を書きました。 関連:ナマズの時代クル━━(゚∀

記事を読む

新旧ゴールドブレンド02

ネスレ入魂の「レギュラーソリュブルコーヒー」を飲んでみる

「ブログをやるんならSNSも始めないと!」と、よろこび勇んでtwitterとfacebookのアカウ

記事を読む

柑橘類

日本でいちばんおいしい柑橘類が決定したのでお知らせします。

人間、何をするにも体が資本。栄養バランスのよい食生活を送ることは大切です。 僕は生野菜

記事を読む

ガパオの素

早くもタイ料理が恋しくなってきたのでガパオの素を試してみた。

こないだひっっっっさびさにタイ行ってからもう2か月。早くもまたタイ料理がなつかしくなってきました。(

記事を読む

いなばチキンとタイカレーヌードル

高レベルの現地テイスト再現度!「いなばチキンとタイカレーヌードル」

ご存じの方はご存じでしょうが、僕は20代の頃、小金を貯めては東南アジアをうろうろしてました。

記事を読む

???のかば焼き

ナマズの時代クル━━(゚∀゚)━━!ウナギ味の代替ナマズ、近大が開発!

マグロの完全養殖で世間をあっといわせた近大が、今度は「ウナギ味のナマズ」開発に成功した模様で

記事を読む

巨大桃缶01

桃の缶詰にローカルスーパーの本気を見た。

クーラーを使った時間をカレンダーに書き込むのが日課になっています。こんばんは、spinickerです

記事を読む

タイ市場

ハンターは珍しい食べ物が好き。南国タイで見つけてきた珍しい食べ物

16日から20日までちょっと旅に出てました。今まで行った国で一番メシのうまい国、タイ。

記事を読む

Comment

  1. まゆ より:

    お疲れ様です。
    ウィキよりタメになって面白くて、ついガッテンガッテンしてしまいました(笑)
    また来ます。

    • spinicker より:

      はじめまして! (・∀・)

      ウィキよりためになると言われると照れますが・・・気に入っていただけたようで何よりです。(//∇//)

      役に立ったり立たなかったりするブログですが、よろしければまたお越しください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑