鳥猟ハンターがカモ類のメスを捕獲するときに注意するべきこと

公開日: : 最終更新日:2017/11/13 狩猟ヒヤリハット・事故

スズガモ

ハンターが猟をするにあたって留意する点はいろいろありますが、特に銃猟ハンターには気をつけるべきことがたくさんあります。

関連法の遵守はわなでも網でも銃でも同じでしょうが、たとえば矢先の安全。これは銃猟ハンターならではの注意点です。これをおこたると人の命にかかわります。

あと、そこまでおおげさではなくとも、気をつけたいこととして『狩猟鳥の識別』があります。僕も一度冷や汗をかいたことがあるこの問題についてちょっと。

(網猟ハンターにも当てはまる話ですが、網猟ハンターは絶対数が少ないので、ここでは銃猟ハンターの問題として扱います!)

たとえば、「狩りバカ日誌 2014年11月16日」に登場した、この画像。

アオクビ♀

「アオクビのメス」として紹介しました。マガモの雌ですね。これはまちがってないと思います。

では、僕があげた画像がこんな感じだったとしたら、どうでしょうか。

アオクビ♀

かなりのやっつけ仕事なうえに手を入れたのが1ヵ所だけで申し訳ないですが、別種のように見せかけるためにちょっと画像を加工してあります。さて、どこでしょう!

正解は次列風切のところですね。メタリックブルーを薄いグレーにしてみました。もしこんなカラーリングのカモが獲れたら、獲ってしまったら。

そいつはおそらくオカヨシガモのメスであると思われます。マガモの雌と似てはいますが、残念ながら非狩猟鳥です!

非狩猟鳥の捕獲が発覚した場合、鳥獣保護法第83条1項の規定には「一年以下の懲役又は百万円以下の罰金」とあります。 (((( ;゚Д゚)))

スポンサーリンク

今回のこれは一例ですが、カモの雌は判別が実にむずかしい。特に一羽だけでぽつんと泳いでたりするときは(そう多いわけではないですが)、僕はたいていスルーしています。

これがペアだったり群れだったりの場合は判別がしやすいのですが、実はこれも100%の安心ができるわけじゃないのが悩ましいところ。

ハンターとしてまだ3年目なわけですが、それでもカモの群れを目で追っていて「・・・? なにあれ?」という経験をしたことは一度や二度ではありません。

カモという鳥はなかなかにフリーダムな性質なようです。コガモの群れのなかに一羽だけ、おそらくキンクロハジロのメスがまじってるのを見たこともあります。

まぁ、これならどっちにしろ狩猟鳥なのでどっちを撃とうが問題はないのですが、一羽だけで泳いでいる、なんだかわからないカモなんかもいます。

ハンター一年目の年、僕が捕獲した初めてのカモ類はコガモのメスでした。それはもう嬉しくてうれしくて!

画像といっしょに師匠に報告したところ、師匠いわく

「ほー。この画像やとなんやトモエガモのメスみたいに見えるなぁ」

ギョッとしました。ハンターが集まる某掲示板にupして自慢しようと思っていたからです。

詳細な状況やなんかを話し、画像もよく見てみたところ結局やはりコガモのメスである。という結論になりましたが、これがもし本当にトモエガモのメスで、それに気づかず某掲示板にupして、その画像がどこかの正義感あふれる鳥類学者の目に留まったりしたら。と考えると、背筋がゾッとします。

そして、さらに問題がややこしくなっている点として「種の交雑」があります。有名なのが”マルガモ”ですね。マガモとカルガモが交雑したものです。画像検索してみると、まぁ出るわ出るわ。珍妙な個体のオンパレードです!

夏のアオクビ

これまたわかりにくくて申し訳ないですが、なかなか立派なアオクビ。実はこの画像を撮ったのは6月上旬です。

本来であればマガモはシベリアあたりへ渡っているべき時期ですが、できないのかしないのか、なんらかの理由で残る者がいます。こういうのが、ずっと日本にいるカルガモと繁殖したりするのでしょう。事実、過去にはアオクビのオスとカルガモのメスのペアを見たこともあります。

マルガモの捕獲って、法的にどうなんでしょうね? カルガモなのかマガモなのか。どっちかと見なされるならそれでいいんですけど、ひょっと「これは新種と見なす、よって非狩猟鳥である!」なんてことになったら撃つのは違法ですしねぇ。

マルガモの問題はともかく、鳥猟ハンターであればこのようにカモ類の識別はスキルの一つとして身につけておくべきものだと思います。

例のトモエガモ騒動があってすぐ、こんな図鑑を買って、猟場見回りなんかのときにはポケットに入れています。

野鳥観察ハンディ図鑑

薄くて小さく携帯に便利で、何より写真ではなく、その種の特徴をよくとらえて平均化したイラストで掲載しているのがわかりやすいです。変な特徴のある個体を掲載してある図鑑なんかは見にくいですからね。お値段も手頃。重宝してます。

ハンターとして鳥類の識別をしっかりできるようになっておくと、僕のように冷や汗をかくこともなくなります。精進精進のハンター生活です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

誤射注意。僕が狩猟鳥に加えて非狩猟鳥も覚えようと思った理由はこれ

僕は散弾銃(M870)で大物猟もやりますが、同じぐらいかそれ以上に好きなのが空気銃(レインス

記事を読む

高圧電線

狩猟ヒヤリハット体験その4  体験と西伊豆の事故から学ぶ電気柵

先月19日に西伊豆町で違法に設置された電気柵で2名が死亡した事故から1ヶ月あまり。その後、今

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

スペランカー

狩猟ヒヤリハットその10 飛び降り注意。なんとなく折れた背骨

今年の1月20日の狩りバカ日誌、書き出しで「正月休みの出猟で高いところから飛び降りた際、背中

記事を読む

こける

狩猟中の負傷ワースト5(2017年度まで)を挙げていこうと思う。

その昔、「傷は男の勲章」なんて言葉がありました。もしかしたら今でもあるのかもしれませんが。

記事を読む

タイーホ

狩猟中の事故紹介その3 他損事故事例

狩猟事故紹介シリーズ、最終回は自分以外の人間に危害を加えてしまう「他損事故」の事例、日猟会報

記事を読む

拒絶

鳥猟ハンターがシギ類を捕獲するときに注意するべきこと

うまくいった体験、会心の出来事というのは自分以外の人と共有、あるいは自慢をしたくなることがあ

記事を読む

ストロング猪

狩猟中の事故紹介その1 獲物の反撃による事故

狩猟にケガはつきもの。ベテランはもちろん、キャリアの短い人であっても、「いや、狩猟でケガなん

記事を読む

沢と膝と倒木と

狩猟ヒヤリハットその12 沢と膝と倒木と

狩猟をやっていると大小さまざまなケガと付き合いながらキャリアを重ねていくことになります。たと

記事を読む

狩猟ヒヤリハットその9 その道路、危険につき。コンクリ林道の特質性

狩猟にはさまざまな危険がつきもの。そのあたりは理解しているつもりだし実際に何度か痛い目にも遭

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑