狩猟ヒヤリハットその9 その道路、危険につき。コンクリ林道の特質性

公開日: : 狩猟ヒヤリハット・事故

この道、走るべからず。コンクリ林道の危険性

狩猟にはさまざまな危険がつきもの。そのあたりは理解しているつもりだし実際に何度か痛い目にも遭ってきています。

しかし今回、今までとは少し毛色の違う「ちょっと見ただけでは気づかない」というリスクを目の当たりにすることがありました。

単騎の忍び猟で、僕は大きい林道をサンバーで走っていました。

大きい林道から枝分かれしている小さな林道(正確には作業道というのですが便宜上「小さな林道」とします)へ入り、しばらく走って、そこからさらに枝分かれしている小さな林道の横を通りがかった時。

…何やら違和感を感じました。

その道に入る予定はないのですが、気になったので車から降りて様子を見てみることにします。

この道、走るべからず。コンクリ林道の危険性

一見、どこにでもある小さな林道です。コンクリの簡易舗装がしてあるぶん未舗装の小さな林道より頑丈かな、という印象。道幅も軽四程度なら余裕で入れます。

しかしこの林道、実は大変危険な状態なのです。

横から見てみると…

スポンサーリンク

この道、走るべからず。コンクリ林道の危険性

oh…

おそらく去年の台風+大雨で地盤の土壌が流失して下はすっかすか。薄いコンクリ板が一枚だけで浮いている状態です。

僕のサンバーは車重が870キロ。そこへドライバーや荷物が乗って1トン近く。この状態で1トンの荷重を支えられるのかというと…。どうでしょうか。へし折れてもおかしくありません。
そうなれば路面損傷+悪ければ川へ転落、よくても自力では上がって来れないことになるでしょう。

この道、走るべからず。コンクリ林道の危険性

ざっくりした状況はこんな感じ。該当箇所は赤の○です。

厄介なのが、本線から左へ折れて入ったところの右側が崩れている、というところ。これは奥側なので見えません。藪などもブラインドになっています。

この記事の上から二番目の画像が運転席から見える景色に近いのですが、この状態でこの道が危ないことに気づけるでしょうか。

僕はたまたま横を通りがかったので気づけました。最初からここを通るつもりであったなら…気づかずそのまま行ってたと思います。(´・ω・`)

我々ハンターは林道という施設を使わせてもらっている立場なので、何かあっても自己責任ですが、ここを車で通ってコンクリ舗装がへし折れてしまうと、自分だけでなく山主さんにも迷惑です。

流失部分は土囊を積んだりでなんとかなるかもしれなくても、その上のコンクリが失われてしまうと舗装やりなおしですね。いらぬ負担です。ハンター出入り禁止! とかなってしまうかもしれません。

未舗装の土の林道だと崩落・土壌流失は一目瞭然。でもコンクリ舗装だとわからないケースがあって、それゆえの危険も存在する。

林道走行の危険性はいろいろ考えられますが、今回、以上の点を学習できました。さらに用心を重ねてこれからのハンター生活に活かしましょう。( ・`ω・´)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

捜索!

狩猟ヒヤリハットその7 猟銃紛失・見失いはこうして起こる!

猟銃に関するトラブルといえば誤射などの他損事故を思い起こしがちですが、地味に「紛失」というの

記事を読む

こける

狩猟中の負傷ワースト5(2017年度まで)を挙げていこうと思う。

その昔、「傷は男の勲章」なんて言葉がありました。もしかしたら今でもあるのかもしれませんが。

記事を読む

スペランカー

狩猟ヒヤリハットその10 飛び降り注意。なんとなく折れた背骨

今年の1月20日の狩りバカ日誌、書き出しで「正月休みの出猟で高いところから飛び降りた際、背中

記事を読む

拒絶

鳥猟ハンターがシギ類を捕獲するときに注意するべきこと

うまくいった体験、会心の出来事というのは自分以外の人と共有、あるいは自慢をしたくなることがあ

記事を読む

オペ

気持ちを新たに昨年度の狩猟事故を振り返る。狩猟事故2014

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。m(_ _)m 年が明

記事を読む

高圧電線

狩猟ヒヤリハット体験その4  体験と西伊豆の事故から学ぶ電気柵

先月19日に西伊豆町で違法に設置された電気柵で2名が死亡した事故から1ヶ月あまり。その後、今

記事を読む

増殖

狩猟ヒヤリハット体験その5 増殖する銃禁

狩猟をする上で注意しないといけない点はいろいろありますが、その中でも上位にくるのが「許可され

記事を読む

タイーホ

狩猟ヒヤリハットその11 絶対にしてはいけない忘れ物

僕はどっちかというとおっちょこちょいの方なようです。いろんなところでいろんな忘れ物をしてきた

記事を読む

救急

狩猟中の事故紹介その2 自損事故事例

狩猟中の事故紹介、その2は「自損事故」。自分で自分をケガさせたり死なせてしまったりした事故の

記事を読む

猛犬

脱砲でも矢先確認でも防げない狩猟事故。猟犬のトラブルを考える。

猟期前イベントのひとつ、日猟会報の配布。僕も先日、支部の班長さんから受け取りました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑