明日はいよいよ狩猟解禁!初日に特に気をつけるべきこととは?

公開日: : 狩猟よもやま話

caution

さて、いよいよ明日から全国的に狩猟解禁ですね!

イノシシやシカが対象ならすでに解禁という地域も少なくないですが(僕も1日から和歌山でシシ撃ちやってます)、それら以外のターゲットも解禁というのはだいたい11月15日。

空気銃のカモ撃ちからこの世界に入った僕としては、すでに狩りには出ていても「11月15日スタートのカモ撃ち」はやはり特別です。プロ野球でいうと11月1日はオープン戦スタートで、15日がペナントレース開幕みたいなもの。このブログを書いている今も興奮が抑えられません! (*゚∀゚)=3

そんな浮き足立ちがちなハンターの心情をお上はよくご存じなようで、実際に多くの地域で狩猟解禁日初日には特別取り締まりが実施されています!

狩猟が解禁された15日、岡山県警は誤射などの事故防止に向けて違反行為の一斉取り締まりに着手した。一部を除き、狩猟期間の終わる来年2月まで続ける。

初日は警察官約340人が出動。鳥獣保護区、休猟区、公道など禁止区域での発砲や、実弾を装てんしたままの猟銃の携帯を監視。ハンターに銃の適切な取り扱いを指導した。

玉野市東七区の児島湖畔では、午前6時半から玉野署員や県鳥獣保護員ら10人が巡回。狩猟免許や猟銃の所持許可証を確認した。カモ猟に訪れた同市公務員(26)は「弾の飛ぶ方向の確認などをきちんと行い、安全で楽しい狩猟をしたい」と話していた。

県警によると、昨年11月には岡山市北区の路上で銃に実弾を装てんしたまま歩行▽同12月には同区で獲物の後ろに建物があるにもかかわらず発砲した―などで、銃刀法違反容疑で男2人が書類送検された。

岡山でも狩猟解禁 一斉取り締まり 県警、事故防止へハンター指導(山陽新聞digital)

この記事は岡山県で去年の解禁日にあった一斉取り締まりの様子。いやはや、こういうのがあるとは知ってましたが、警察官の動員数なんか見てると思ってたより大規模にやっているようで。

書類送検されたハンターは・・・おそらく許可取り消しでしょう。せっかく苦労してゲットしたライセンスが。。。もったいない。(-_-)

もちろんこういったことは初日だけでなく常々注意を払うべき。というのはハンターとして当然ですが、やはり久々で足が地に着いていないような時には、いつもならできていることがスッカーンとどこかへ飛んでしまうことがままあるもの。

我々ハンターは重々気をつけて、これから始めようと思っている方は「こういったことがあるのか・・・(; ・`д・´)」と頭に入れてハンターを目指してください!

それでは明日の日曜、安全確認と関連法を遵守して! 9ヶ月分のワクワクを胸に! 狩りに出ましょう! (≧▽≦)b

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

鹿イラスト

猟場選びに迷ったら。地名から見るその土地の特性

大多数のハンターにとって、新たな猟場を開拓するのは楽しい作業。「あー新猟場探すのダルいなぁ」

記事を読む

レア・メモリー

素晴らしい量と質。長野県・車山高原のペンションが綴るシカの生態

日本各地で増加、植生に大きな影響をあたえているニホンジカ。 僕の通っている猟場の奈

記事を読む

犬vsシシ

昔の森はこうだった?犬の群れvs猪の格闘が見られる動画はこちら

近畿地方の梅雨明けでテンション上がってるspinickerです。ハンターになるまでは冬より夏

記事を読む

キジペア

姿を発見しやすい繁殖期。ゴールデンウィークはキジを探しに行こう!

狩猟を始めた頃、メインターゲットがカモであったのは、自前のカモ鍋が食べたかったのが第一ですが

記事を読む

ストロング猪

まるで刃物。画像で見るイノシシの牙の切れ味。

大物猟をやっていると一度や二度は耳目に触れるであろう、猪アタックのおそろしさ。 幸か不

記事を読む

ちくしょう!

先猟期に逃した射獲チャンスを振り返って再認識したこと

相も変わらず休みの日はほぼ家から出ずkenshiで遊んでいるここ最近。四十すぎてまさかゲーム

記事を読む

カルガモ親子4

カルガモ子育て中!

散歩中のこと。 ハンターの習性とは悲しいもので、たとえそれがただの散歩だとしても、池の傍にくると水

記事を読む

サバゲー

年齢的に狩猟免許が取得できない青少年にサバゲーを勧める4つの理由。

http://blog.livedoor.jp/missiontaka/より[/caption]

記事を読む

ボウハンティング

えげつない!アメリカの鹿猟に見るコンパウンドボウの威力!( ;゚Д゚)

「蛇は寸にして人を呑む」「栴檀は双葉より芳し」というとちょっと大げさですけど、僕もやはり子供

記事を読む

引っ込み思案

猟友会に入ったのに猟隊に誘われない、という時に取るべき行動。

こういったブログを運営しているといろいろとメールが届きますが、そのなかには 「猟友

記事を読む

Comment

  1. monndou_n より:

    お疲れ様です。やっと試験終わりました。手ごたえは、合格してそう。
    次は、所持許可の試験が待ってますが…。
    初めて、師匠に挨拶に行った日に、事故の話を聞きました。(2日ほど前に、猿と間違えて発砲てのがあったばかりの時です。)
    事故すると、やった方、やられた方の家庭が破滅すると言われてました。免許取ってからは、安全に十分気をつけながらやって行きたいと思いました。
    それでは、ご安全に。

    • spinicker より:

      お疲れさまでした。狩猟免許はまず大丈夫だと思いますよ!
      どちらかといえば問題は次の初心者講習会の考査だと思いますが、こちらもきっちりテキストや問題集に取り組んでいればそう難しくはないです。 φ(・ω・ )

      以前、銃の経験者講習を受講した際、誤射の事故があって、被害者を搬送した直後に責任を感じた加害者がその場で自殺した事案があったと聞きました。自分の銃で。
      明日の解禁日、そういった話を思い出してあまり浮かれすぎずに楽しんできます。(・∀・)

  2. ltchughes より:

     事故、気をつけていても発生してしまいますね。猟友会からは、初日に行かない方がよいといわれました。パトロールが厳しいからって。

     一般的な交通事故でも、加害者の多くが失業、家庭崩壊、自殺と不幸を背負います。特殊な存在である銃なら、なおさらでしょうね。

     安全第一で行きましょう!

    • spinicker より:

      ということは、ltchughesさんは今日は見送りでしょうか? 獲物は逃げない・・・わけではないですが、狩猟という趣味は逃げないのでそれが賢明かもしれませんね。

      僕の初猟はレインストームにトラブルが発生して5分するかしないかで帰ってきました。orz

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑