鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

公開日: : M870, 射撃

最近内地の銃猟師の間でまことしやかにささやかれている、鉛弾頭規制。環境対策として北海道では一足早く実施されているものがいよいよ本州にもやってくるんじゃないかという話です。

実施されてから我が870ハーフライフルとマッチする弾を選定するのでは遅すぎる。ということで、先を見越して、現状で手に入った非鉛スラッグ弾「レミントン プレミアエキスパンダー」を試し撃ちしてきました。

スポンサーリンク

鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

さてこちらが京北綜合射撃場で入手したブツ。本当はフェデラルの銅弾頭サボットが欲しかったんですけどね、今切らしてるということでした。おまけに規制入るまではメインで使っていく予定のウィンチェスター鉛サボット弾も売り切れ。これは痛い…

フェデ銅弾頭の代替品として京北の通販サイトにあった「レミントン アキューチップ」というのを試してみようかと思ったのですが、これからレミントンではアキューチップではなくプレミアエキスパンダーをメインに仕入れていくということだったので、こっちに変更しました。
気になるお値段は税抜きで1発590円。フェデ鉛が320円だから倍近い! ちくしょう痛いなぁ…orz

鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

高いだけあって? 詳細なスペックがパッケージに表記されているのが好印象。91mで3.6インチ(≒9.1cm)のドロップか、100mで15㎝ほど下がるウィンやフェデの鉛よりはちょっとマイルドなのかな。

鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

弾頭にはとがったプラスチックの部品が刺さっています。こいつが鉛より硬い銅のエキスパンション(弾頭の変形)を引き起こして断面積を広げ、獲物によりでかいダメージを与えるよう設計されているのです。

鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

まずは安いフェデ鉛を装填して50mでゼロイン。大きな○は直径19.5cm(京北のスラッグ的紙の黒点=6点圏内の大きさ)、●とはテニスボールよりちょっと小さい6cm(同10点圏内の大きさ)です。

1発目と2発目は右下5時の方向に大きくずれてヒット、修正して3、4発目は黒点左にズドン。さらに修正して黒点中央のやや上に5発目、エレベーションを3クリックだけ下げて狙ったのほぼ中央に命中させて6発でゼロイン終了としました。

鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

サボット弾を使う以上は50mより先の集弾性に期待しています。比較対象として100mのグルーピングも見ておきます。まずはフェデラル。100mの時はドロップを考慮しての中心を狙っています。

うーん、3発目がちょっと飛んだけど、まずまず。

5発目はどこいったかというと、4発目撃った直後にレストから銃が転げ落ちてスコープを強打、大きく左にずれて弾痕不明になったのでした!(+_+)

ウィンも5発だけ持ってきていたのでいちおう見ておきます。僕の個体ではフェデとほぼ同等、若干ウィンの方がまとまる。と認識してますが、ロットの違いなんかもあるかもしれないので。

鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

この時点ではスコープの左ずれが修正しきれていなかったので、集弾だけ見てみると。まあこんなものか。裏から見ないとわかりにくいけど3、5発目はほぼ同痕でした。やっぱ僕のにはウィンが合ってる。

ではいよいよ本日の主役、プレミアエキスパンダー選手の登場です!

鉛弾頭規制に備えてレミントンの銅弾プレミアエキスパンダーを試してみた。

(´・ω・`)…ダメだこりゃ。僕の870とは合ってない。

まあ5発だけだしうち2発は真ん中に当たってはいるけど、それは置いといてもリコイルかなりきっつい。そして音うるさい。値段もあわせて考えたら、使いたいとは思わない。

鉛規制が開始されてふたを開けてみれば選べる弾の銘柄がほんのいくつかしかなかった、となってしまった場合には選択肢のひとつとして再度のトライもしてみるだろうけど、そうでもないならサヨウナラ。です。

ツイッター経由の情報で、モスバーグ謹製870ハーフライフル銃身にはフェデラルの銅サボットが合うと聞いているので、現状ではそこに期待することとします。

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

870ハーフライフルで二年ぶり二度目のランニングターゲット射撃に行ってきた

870ハーフライフルで二年ぶり二度目のランニングターゲット射撃に行ってきた

猟期直前ラストスパートの期間。三日後には開幕です。駆け込み準備もそろそろ終えておかなければという時期

記事を読む

FEGS社と築地コラム

今なお輝くガンスミスの金言。故・築地恵氏の銃&射撃コラム

こんなブログを閲覧しているような物好きな人は、たいていの場合は銃か狩猟のどちらか、あるいはそ

記事を読む

モスバーグ製M870サボット銃身でサボット弾を撃ち比べしてきた。

モスバーグ製M870ハーフライフル銃身でサボット弾をテストしてきた

猟期までひと月あまり。11月頭から解禁のところではもうひと月切ってますね。射撃場も猟期を楽し

記事を読む

スコープ倍率

狩猟用空気銃にはどれぐらいの倍率のスコープを載せるべきか?

こういった狩猟ブログを運営しているといろいろとメールが届くもので、過去には「空気銃用のスコー

記事を読む

初心者射撃研修会2015

日本猟用資材工業会の初心者射撃研修会(京北)に参加してきた!

以前に参加申請を出していた、日本猟用資材工業会主催の初心者射撃研修会に参加してきましたのでレポートし

記事を読む

スラッグ射撃

サイトの調整ついでに評判のソーベストレとブリネッキを試してみた

M870につけているSD-33のマウントはサドルマウント。銃のシリアルナンバーをかくす形で装

記事を読む

モスバーグ製M870サボット銃身でサボット弾を撃ち比べしてきた。

先猟期の結果を受けて狩猟用サボット弾の選定を考え直してみた

先猟期はフェデラル製のサボットスラッグ弾を使用していたspinicker。 しかし60

記事を読む

僕がよく当たる銃が欲しい最大の理由がこちらです。

銃猟ハンターが100人いれば、そのうち120人は罹患しているという「新しい銃欲しい欲しい病」

記事を読む

アポロ廃盤のお知らせ

【悲報】アポロ装弾の旭エスケービー社、装弾事業から撤退・・・

年末あたりにちらっと小耳にはさんだ程度で信憑性がいまいちつかめなかった話があったのですが、こちらのブ

記事を読む

皿割り練習中

大阪総合射撃場のクレー射撃料金。

よそさまではどうかわかりませんが、大阪では鉄砲関連の情報ってなかなか拾いにくいのです。所持に

記事を読む

Comment

  1. バラクーダ より:

    こんにちは。
    鉛弾規制、言われ始めてますね。
    私の.410なんてどうしましょ?という感じです。
    ライフルドスラッグの非鉛弾なんてあるのかな?

    さて全体的には11/15からですが、いよいよスタートしましたね(シカ&シシ)。
    事故怪我無く楽しみましょう。

    • spinicker より:

      サボットはまだ銅弾があるけど、普通のスラッグはどうなるんでしょうかね。鉛玉の規制って日本ぐらいだと聞いたことありますが、そのへんどうなんでしょうか。(´・ω・`)

      ともあれ、今期も始まりました。今日行ってきたけどシカを一度見ただけでした。焦らずぼちぼちいきます。(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑