通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の特徴はこちらです

公開日: : 狩猟よもやま話

グループ猟の行き帰り、早朝か夕方に通りがかるとほぼ確実に、といっていいほどシカを見かける場所があります。
先日もちょっと用事があってそこを通る機会があったんですけど、車上から見た光景。

朝夕通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の地勢はこちらです

いるんですよねやはり。猟期だけのことかと思いきや、春まっさかりの時期でもやはりいました。去年は夏場の夕方に通りがかっても当たり前みたいに群れが立ってました。
朝だとちょっと割合は落ちるかな。でも夕方だとそれこそ100%に近い確率で発見できます。

通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の地勢はこちらです

20秒ほど、撃てる状況であれば十分すぎるほどの時間見つめあった後、しゅたたたた。走り去っていきました。距離10mほど。

メスが単独でいることの方が少ないので、もうちょっと周りを見てみると…

通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の地勢はこちらです

仲間は道路を挟んで反対側、集落の休耕田にまですでに入り込んでいました。まだ陽が高いのに。余裕で日没前です。

この地点と地勢がよく似ている場所にも忍びで入ることがあって、そちらもかなりの確率で遭遇します。シカが好む条件が揃ってるんでしょうね。

言葉にすると「すぐ下に集落を見下ろし、背後には逃げ込める森のある、見晴らしのいい疎林or草地」。当地でよくシカを見かける地点の特徴はこうなっています。

通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の地勢はこちらです
通りがかると90%以上の確率でシカがいる地点の地勢はこちらです

これだけでは何のことかわかりませんね。補足します。

ロケーションは山間のよくある、山と川に挟まれた、狭い道路が走っている集落。たいてい道路と川の間にこれまた狭い農地・休耕地(A)が広がっていて、道路(B)、集落(C)。そしてDが先述の「」の中のところ(D)。後ろの森が(E)。

画像の地形図でいうと、果樹園のマークになっているところが今はもう耕作していない梅畑になっていて、梅がまばらに生えているだけで、100mほどに渡って日当たりのいい草地になっています。この周囲によくいるんですよ!

AエリアとDエリアに特に豊富にシカの餌になりそうな植物が生えています。二頭が写っているのがAエリア。もうちょっと先は川になってます。
完全に陽が落ちるとAにもたくさん乗り込んできますが、その前の段階では集落の上のDのところで人間の様子をうかがいつつ、ここでも採餌してるんでしょう。

ここは集落の中なんで撃つわけにはいかないけど、以前にはこのEエリアのもうちょっと上らへんでしとめています。

「このへんによくいるのはわかってる、ということは、どこかからここへ集まってくるまでのルートを割り出せれば、そこで張ってればいいんじゃね?🙄」

という仮定のもとで山へ入ってみると、案にたがわず、あっちこっちにDエリアへの濃い道が! やったぜ。(・∀・)

そのうちの特に濃い道二本が射程に入る場所を見定めて待っていると、バッチリ群れが下りてきて胸元に一発ズドン! 行き当たりばったりで獲れるのもいいんだけど、こういう読み通りの結果で獲れるってのは格別です。

Cに該当するところに家がないけどそれ以外ではよく似た地勢のところでも、ここほどではないけど、半分以上…6割ぐらいかな。の確率でシカが見られる場所を把握しています。こっちは朝の方がいい感じ。

こういう場所を探すだけなら、自粛中でもオンライン地図でいくらでも探すことができます。この時期におうちでよく地図を読みこんで、猟期の成果につなげていきましょう。いろいろ発見があって面白いもんですよ!

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

効率なら最強の流し猟。狙うべき林道・見るべき地形はここだ!

今日はどうしてもシカを獲りたい! なんて日もあります。ただ単に猟欲がたぎってるだけだったり、

記事を読む

2014猟期用ボディ01

2014年猟期用ボディ、完成!

あと3日。もうこのあたりになってくると、散歩の時間が近づいてきた犬みたいにソワソワしている今

記事を読む

6粒9粒

バックショット(大粒散弾)禁止?日本猟用資材工業会の見解はこちら

銃猟をやっている人であればこれまでにも耳にしていたであろう、バックショットの使用制限に関する

記事を読む

ストロング猪

まるで刃物。画像で見るイノシシの牙の切れ味。

大物猟をやっていると一度や二度は耳目に触れるであろう、猪アタックのおそろしさ。 幸か不

記事を読む

まるまると肥えたアオクビ(マガモ)

ベテランでもない若手猟師が1シーズンで23羽の鴨を獲った方法とは?

レインストームを相棒にして1年目、通算でも2年目だった、去年の猟期。11月15日から2月15

記事を読む

猟師になりたい未成年の君へ

猟師になりたい未成年の君へ。今からやっておくといい、5つのこと。

僕が猟師を志したのは30代半ば。わりあい早い方だとは思いますが、もっと早くに決心する人もいて

記事を読む

三種の神器

マニュアルどおりにゃいかないぜ!猟場でみる動物たちの「意外な」行動

我々ハンターは、山に入ったり獲物を追ったりする前に、対象の動物についての知識を勉強することが

記事を読む

慣れている鳥

撃つ気になれない、慣れすぎた狩猟鳥

獲物との駆け引きは、狩猟の醍醐味のひとつ。ハンターは獲物の行動パターンを予測、それに己の経験

記事を読む

ちくしょう!

先猟期に逃した射獲チャンスを振り返って再認識したこと

相も変わらず休みの日はほぼ家から出ずkenshiで遊んでいるここ最近。四十すぎてまさかゲーム

記事を読む

apemanの安物トレイルカメラを獣道に仕掛けてみた結果。

正解?不正解?見た・聞いた・思った「シカの生態」

奈良県はシカのメッカみたいなとこで、当地での単独忍び猟の主な獲物はやはりシカになります。シシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑