そのへんの竹で作る。岡崎市発の経済的なイノシシ用箱罠はこちら

公開日: : 猟具・猟装

竹

罠猟にも興味あります。銃とはちがって(有害などの許可があれば)24時間365日、年中無休で稼働できる、狩猟界のコンビニみたいな存在。寝て起きたらめっちゃいいシシかかってたとか最高かよ。(・∀・)

まあそううまくもいかないんでしょうけどね。ビギナーズラックでもないとすぐ獲れたりしないだろうし、箱罠とかだと一基の値段もけっこうするし。

このブログでも以前には島根県の中山間地域研究センターが公開している、箱罠を安く自作する方法を記事にしています。

関連記事:ホームセンターの材料で自作!低コストでできる箱罠の作り方

今回は岡崎市のウェブサイト上で公開されていた、愛知県猟友会岡崎支部所属の成瀬勇夫氏考案の箱罠。以前紹介のものより安上がりに箱罠を制作できるかもしれません。なんせ材料は、野山で調達できるがメイン(と、桧の間伐材)だからです!

竹と間伐材で作る「檻」によるイノシシの捕獲方法(岡崎市)
(以下の参考画像はこちらのサイトより)

公開されているのは設計図だけではありません。注意事項や捕獲の心得など、ソフト面でも参考になる情報が多岐にわたって掲載されています。

これらはほんの一例。実際にはもっと大量の運用法が記されています!

画像が少し小さいですが、完成後の画像。天井がないので正確には囲い罠ですかね。

仕掛けた罠を確認しに行く。なんかいつもと様子が違う…! は、入ってる!!! (゚∀゚)

ってのが醍醐味なんでしょうね。こういう画像を見ているとそれだけで想像がかき立てられます!

また、同作者による少し小ぶりなものも併せて掲載されています。画像はこっちの方がデカいですが。

小型移動式イノシシ捕獲檻「竹と間伐材で作るイノシシ捕獲檻」

こっちは小さいのではずみで飛び出してしまうのを防ぐためか、天井がついています。

どちらのものも、蹴り糸の仕掛けについては「特製」とあるだけなので、こちらは記載の連絡先に問い合わせてみるか、「蹴り糸」でググるかしましょう。先述の島根県の中山間地域研究センターの方はそのへんも説明してくれています。

しなやかかつ頑丈な竹。香港では今なおどんな高層ビルでも竹で足場を組むそうです。鉄である必要を感じないってことでしょうね。

罠猟志向で竹がふんだんに手に入る方は、一度ためしてみてはいかがでしょうか!

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

猟装をワッペン屋どんぐりのワッペンでデコレーションしてみる。

猟装をワッペン屋どんぐりのワッペンでデコレーションしてみる。

僕は昔からジョークグッズみたいなものが大好きでして。父親もそうなので、なんか遺伝的なものがあ

記事を読む

里山

空気銃猟時の猟装はこれ?「里山迷彩」という考え方。

当地の空気銃流し猟の環境はおもに里山。車でため池7割、河川3割ぐらいの水場を回ってカモを探し

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年1月21日(散弾銃・単独忍び猟)

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

シシの解体は皮剥ぎが肝要。脂の乗っていない本州のシカ(猟期)であればベリベリっと剥ぐことがで

記事を読む

Duty Apparel狩猟用ベスト

使い勝手よし。Duty Apparelの狩猟用ベストがやってきた。

最近になった新しく入ってきた人はそうでもないことが多いようですが、昔から射撃や狩猟をやっているベテラ

記事を読む

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

狩猟のマストアイテム、ナイフ。ピンからキリまでありますが、僕の持ってるのは数千円の普及品ばかりです。

記事を読む

S33-4R

これはいいものだ!サイトロンのレティクル可変ドットサイト「S33-4R」

狩猟のなかでも銃猟というジャンルは、大きく分けると二つの要素に分割できるかと思います。それは

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

空気銃用ペレットのマッシュルーミング01

狩猟用空気銃ペレットのマッシュルーミング(潰れ方)と鉛の特性

2014年12月14日の狩りバカ日誌で捕獲した美肌カルガモ。ペレットが貫通した形跡がないので

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年2月16,17日(散弾銃・単独忍び猟)後編

短 vs 長。大ぶりな皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体に使ってみた。

解体にはシカより格段の時間がかかるイノシシ。皮下脂肪を肉の方に残すのに手間がかかるのが一因で

記事を読む

sd-33

大物猟用のドットサイト、サイトロンSD-33をM870に載せてみた。

M870がかっこいいのは一万年と二千年前から決まり切っていることであってこれはこれで申し分ないのです

記事を読む

Comment

  1. バラクーダ より:

    こんにちは。
    我が会社は竹林に囲まれてるような場所で、竹はふんだんにありますね。
    しかも夜な夜な表れてる時期があります。
    もってこいですね、この罠。

    しかし私は罠免許を持っておらず、しかも鳥獣保護区域・・・。
    有害の許可が出ればいいのでしょうが、私の所属する猟友会、所轄警察署とも違う区域。
    この辺は私は全く分かっておらず、調べないとなりません。

    しかし労力だけで罠代がタダというのは魅力的ですね。
    興味深いです。

    • spinicker より:

      箱罠をやってるうちの班長も、春のシシはたけのこに夢中になるから箱にはぜんぜん入らなくなる、って言ってました。ヌカなんかには見向きもしなくなるとか。
      僕も罠持ってないけど、今年は取るつもりでいました。コロナの影響で試験が未定になって宙ぶらりんですが。。。orz

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑