山城はナマズ祭り。ギギを食べてみた。

公開日: : ジビエ・ワイルド料理

夏はウナギ、秋はアメリカナマズ。このところ淡水魚ばっかり食って、猟師というか漁師ちっくな生活をしているSPINICKERです。猟期が来んのが悪いんや…(´・ω・`)

関連記事:ウナギ釣り&料理は難しいと思ってたけどやってみたら簡単だった。

関連記事:知ってたけどやはり美味。アメリカナマズを釣って食ってみた。

山城はナマズ祭り。ギギを食べてみた。

そして今度はこれまたナマズ属のギギ。通称かと思ったら正式名称っぽいですねこれ。こいつも当地でウナギ狙ってたら外道でよくかかるのです。釣りあげたら骨を鳴らしてグーグーとかギーギーとか音を出すのでギギ。といいます。

ついでや、こいつも食ってもたろ。

山城はナマズ祭り。ギギを食べてみた。

では早速捌いていきましょう。例によって背びれと胸びれの一番前には硬くて鋭いトゲがあるのでニッパーで切っておきます。赤ラインのとこね。料理時はもちろん、釣れた直後はさらに危険なので気をつけて扱いましょう。暴れますからね。

あまり大きくならないナマズで、30cmもあればかなりでかい個体。こいつが今まで釣ったギギの中で一番でかかったかな。

捌き方はアメナマと同じ。体表に熱湯をさっと走らせるとぬめりが固形化するので、包丁の背でこそぎ落とします。ギギとアメナマは黄色っぽい粘膜が剥がれ落ちます。これで泥臭さかなりカット可能。

ちなみにウナギも同じ処置をします。ウナギの場合は白でした。

ギギに戻ります。以前のアメナマはなんとなくアメリカンっぽくしたかったので、バター焼きにしました。

今回は国産魚ということで、照り焼きになってもらいます。しょうゆと調理酒とみりんをそれぞれ同じ量混ぜ合わせ、砂糖も少々加えて軽く煮立ててタレ完成。そこへ三枚におろしたギギの身を絡めて焼いていきましょう。

小さい上に体型が鯛みたいな扁平型じゃないので捌くのが難しく、身はものすごくプチな感じになってしまいました。まあ味はわかるやろからええけどな。よっしゃ食ってみよ。(・ω・)

ギギの照り焼き 食後の感想

アメナマよりまあまあ上を行くお味。なんか優しいというか上品。ナマズってことで身が柔らかいんだけど、なんかそれもアメナマがバサって感じで崩れるのに対して、ギギは「ほろっと崩れる」みたいな。

ある程度は川魚の土っぽい風味はあるけどぜんぜん許容範囲で、正直かなり好きなテイスト。照り焼きの味付けもマッチしてて、和食の料理人とかが本気出したらめっちゃおいしくなりそう。そんなポテンシャルがある。

…と、いいことばっか言ったけど、やっぱり大きいものでも30cmぐらいしかないというこの小ぶりなところは残念やなあ。味はいいだけに。もしこいつが50~60cmとかになるなら狙って釣りに行くレベル。

ナマズはうまいって意見と臭いって説と両方聞いてたけど、僕に関しては今んとこおいしく食べれてるかな。いけるね川魚。

今度はまだ食べたことのない、いわゆる普通のナマズ「マナマズ」か、鬼平なんかで出てくる「鯉こく」あたりにチャレンジしてみる気満々なSPINICKERなのでありました。(・∀・)

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

今、解かれし封印。2014年に射獲した四年ものカルガモを食べてみた

去年の10月に「大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた」という記事を

記事を読む

狩猟鳥獣

ジビエ認証制度の創設を機にジビエの流通について再考してみる

農林水産省が、ジビエ活用促進の目的で、ジビエの認証制度を創設するそうです。 「ジビエ」

記事を読む

エノコログサ試食01

ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

日本人になじみの深い穀物として「五穀」と呼ばれているものがあります。地域や解釈によって多少の

記事を読む

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイを食べてみた。

ドングリの中で最も美味といわれるスダジイ(大泉緑地産)を食べてみた。

秋も深まって参りました。11月1日から猟期に入る地域では残すところ一か月。北海道はもう明日か

記事を読む

トナカイ皿

夏に行ってみたい。トナカイを食べたり遊んだりできる北海道の牧場

ジビエに興味を示す人というのは、要するに「珍しいもの好き」という性質がより強く発現している人

記事を読む

古い冷凍鹿肉

大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた

狩猟を始めた当初、獲れる得物はそう多いものではありませんでした。 しかし、何年かやって

記事を読む

鹿イラスト

現役猟師が抱くジビエブームへの疑問!ジビエは本当に「おいしい」のか?

去年の11月に放映されたドラマ「狩猟雪姫」などの影響もあるのか、狩猟というアクティビティがメ

記事を読む

羽根

鳥猟ハンター垂涎。面倒な羽根むしり代行マシーンはこちら。

銃猟はやってるけど鳥はやらない、という人の理由に 「鳥は羽根むしりがめんどくさい」

記事を読む

猪ベーコン

風乾にちょっとだけ工夫が必要。夏場の燻製づくり。

後日作る予定のジビエ料理の材料として、何度目かのイノシシベーコンづくり。夏場の燻製づくりは冬場よりや

記事を読む

どちらが美味いのか?豚とイノシシを食べ比べてみた。

どちらが美味いのか?豚とイノシシを食べ比べてみた。

過去にもシシを食べたことはあるんだけど、それらは言わばすべてもらい物。今年の1月2日に撃ち止

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑