そのへんのヤマモモでヤマモモ酒を作ってみた

公開日: : ジビエ・ワイルド料理

冬になると鉄砲しょって獣を追う生活を送っているspinicker。冬以外は何をしているのかといえば、やっぱりそのへんで何かとって食べて遊んでいます。猫じゃらしの実とか。テナガエビとか。Gとか。

関連記事:ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

関連記事:今がシーズン、素揚げ用テナガエビを釣ってきた(釣り方解説あり)!

関連記事:【昆虫食】南米産ゴキブリを食してみた結果。【画像注意】

今回そこへ加わるのがヤマモモ。採集した果実で果実酒を作ってみました。(・∀・)

スポンサーリンク

ヤマモモ

こいつがヤマモモ。こんな名前ですが、別に山へ行かなくてもわりとそのへんに生えています。今の時期、6月ごろに街路樹とか公園の植木なんかで時々見かけますね。今回のやつも近所の公園で採取してきました。

ヤマモモの採取方法

そのまま食べてみると、ほんのりとした青っぽさと甘酸っぱさが味わえるヤマモモ。ジャムとか果実酒とかでの利用が一般的だそうです。ということは、結構な数を集めないといけません。

ひとつずつ手摘みで採取していると時間がかかって仕方ないので、木の下で傘を上向きに広げておいて枝を揺らす採取法をおすすめします。これなら短時間で大量に集められます!

採取したヤマモモ

ものの10分ほどで1.5キロ前後採取できました。

ヤマモモの選果

まだ青いやつ、逆に熟れすぎたやつ、つぶれたやつなどを選果します。枝揺らし法は直接触れないので、手摘み法よりダメージ少なく採取できるようです。歩留まりは思ってたより良好でした。

ヤマモモ洗浄

水を張った鍋に放り込んでぐるぐるかき回して洗浄。細かいゴミなんかが浮かんできます。

あと、虫食いなんかで目には見えないダメージがある果実は、水に浸けた段階でこいつらも浮かんできます。内部に空洞があったりするんでしょうね。これも取り除いておきます。

選果後のヤマモモ

選果を乗り越えた、選ばれしエリートヤマモモ達。黒っぽいのは熟してるやつです。色の鮮やかさでは若いやつには負けるけど、ワインレッドのような深い赤にもまた特有の趣があってよいものです。

さてこれから漬け込みますが、水分が多いと悪さをするようなので、キッチンペーパーでくるんである程度水分を吸収させておきます。

ヤマモモ酒

よく洗って乾かしておいた瓶に氷砂糖と果実をIN。別にしましまにする必要もないだろうけど、ミルフィーユ効果で見た目的においしそうなのでこうしてあります。(・∀・)

ヤマモモ酒

瓶の口までなみなみとホワイトリカーを注いだら、蓋をして完成! このまま数か月漬け込みます。直射日光の当たらない、温度変化の少ない場所でしばしの眠りについてもらいましょう。

甘い酒が好きじゃない人は氷砂糖なしでどうぞ。ホワイトリカーがけっこう高アルコールなんで、僕は何かで割って飲むことを考えてるので甘い目にしてあります。

ヤマモモ酒は梅酒みたいに長期間漬け込んでおくものではないようなので、色が好みの具合になったら果実を取り除いて、だいたい3か月~半年で飲んでしまうぐらいがちょうどいいんだとか。

今からそれぐらい後というと、猟期前~猟期前半というあたりですね。今期の初出猟前夜、また初猟果を挙げた日は、このヤマモモ酒で祝杯をあげたいと思います!(・∀・)

Twitterやってます。役に立つこともたまにはつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

バー

ジビエ料理によく合う!・・・かもしれないお酒はこれだ!

ジビエ料理の楽しみ方として(個人的に)最も限りなく正解に近いもの。それは、酒のつまみとして楽

記事を読む

大鍋小鍋

カモ鍋用の土鍋。大きいのを買うか小さいのを買うかで迷ったら・・・

地域によって多少前後しますが、猟期は基本的に11月15日~2月15日。冬場です。すなわち鍋の

記事を読む

エノコログサ試食01

ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

日本人になじみの深い穀物として「五穀」と呼ばれているものがあります。地域や解釈によって多少の

記事を読む

2014猟期用ボディ01

筋トレやダイエットにも!健康な体づくりに狩猟をおすすめする理由

世はまさに大健康時代。通販の商品なんかでも、半分以上がズバリ健康に関する効果をうたったサプリ

記事を読む

狩猟鳥獣

ジビエ認証制度の創設を機にジビエの流通について再考してみる

農林水産省が、ジビエ活用促進の目的で、ジビエの認証制度を創設するそうです。 「ジビエ」

記事を読む

ハシビロガモの燻製2

まずいと噂のハシビロガモを食べてみた結果。

ハシビロガモを獲ってきてから1週間。ついに実食の日が来ました! 今回は燻製にしてありま

記事を読む

テスコムフードプロセッサTK440-W

安いフードプロセッサ、テスコムTK440をジビエ料理用に買ってみた。

以前に本サイトの鹿料理「鹿のあらびきメンチカツ」でもさらっと登場したフードプロセッサ、テスコムTK4

記事を読む

トナカイ皿

夏に行ってみたい。トナカイを食べたり遊んだりできる北海道の牧場

ジビエに興味を示す人というのは、要するに「珍しいもの好き」という性質がより強く発現している人

記事を読む

鹿モモ肉ブロック

鹿の骨つきモモ肉まるごと1本!取れた肉の量を測定してみました。

空気銃猟でのメインターゲットは僕の場合、カモとかキジとかヒヨとかハトとか。コジュケイなんかも

記事を読む

羽根

鳥猟ハンター垂涎。面倒な羽根むしり代行マシーンはこちら。

銃猟はやってるけど鳥はやらない、という人の理由に 「鳥は羽根むしりがめんどくさい」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑