大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた

公開日: : 最終更新日:2017/10/22 ジビエ・ワイルド料理

古い冷凍鹿肉

狩猟を始めた当初、獲れる得物はそう多いものではありませんでした。

しかし、何年かやっているうちにちょっとずつ獲れるようになってきて、またハンターの知り合いも増えてきたことから、じわりじわりと冷凍庫内のジビエ貯蓄量が増大。対応のためにジビエ用の冷凍庫を購入。かつそれらジビエの長期保存のための真空パック機もあわせて導入しました。これで万事解決!(・∀・)

…となるかと思えば、なかなかそうとも言えないのが現状。真空パックも冷凍もできるけど、消費ペース自体がなかなか伸びないので、冷凍庫の肥やし状態になってしまっているのです。orz

古い冷凍鹿肉

たとえばこちらのシカ肉。2015年12月20日と書いてあります。約二年もののジビエ鹿肉。天然ものなのでもちろん保存料も防腐剤もなし。真空パックはしてあるけど、う~ん。二年ねぇ。(;-“-)

不安はなくはないけど、不安だからというだけの理由で捨てることなんてできません。とりあえず料理して食べてみることにしました。

スポンサーリンク

鹿のイージーから揚げ

市販の唐揚げ粉が残っていたので唐揚げでいってみました。以前にも鹿の唐揚げでこのブログにも登場していますが、あれとほぼ同じです。違いは、今回は肉が二年ものだという点だけ。

真空パックを破って肉を取り出した段階ではまったく問題なし。外見からは冷凍焼けの症状は一切見られません。色が悪くなってるのは仕方ないですが、それは解体数日後のものでも同じこと。においも通常どおり。いけるんじゃね?(・∀・)

シカ解体中

それでは大いなる期待をもって調理に入ります。

調理の画像は期待しすぎて撮り忘れたので、代わりに鹿の解体風景でもご覧ください。若くておいしそうなメス鹿でした。

古鹿肉(真空パック)の唐揚げ、お味は?

鹿のイージーから揚げ

ぜんぜんいけます!(・∀・)

真空パックってすごいですねー。ラップでくるむだけとかだと数ヶ月ぐらいで黒くてカサカサになってなんか変なにおいがついて…ということが過去にあったのですが、そんなの一切なし。

パックから出すときにドリップの粘度の高さに一瞬びびったものの、考えてみればこれも精肉後数日で同じような感じになります。気にせず揚げてしまうと後はフツーに食べられました。

高度経済成長時代を知るベテランハンターが言ってました。

「鉄砲やるんなら、でっかい冷凍庫と真空パックとぐりぐりするやつ(ミンサーのこと)は買うとけよ。三種の神器や」

と。

今ならその通りだと思えます。ジビエは固いことが多いのでミンチ作るミンサー…というか、僕は電動のフードプロセッサを使ってますが、それと冷凍庫と真空パック機、この三つはちょっともう手放せません。

新しいものを導入する時は財布的につらいですけどね…。でもこれは産みの苦しみみたいなもので、避けて通るとまた別の形でしわ寄せが来たり。世の中うまく出来てるなぁとも思います。(´・ω・`)

とはいっても、一年目から全部揃えてしまうと、続かなかった場合に損してしまいます。

必要なもの、そうでないもの、欲しいもの。ジビエをおいしく楽しむためのツールをうまく見極めて優先順位をつけて、来るべき猟期に備えようではありませんか!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

大鍋小鍋

カモ鍋用の土鍋。大きいのを買うか小さいのを買うかで迷ったら・・・

地域によって多少前後しますが、猟期は基本的に11月15日~2月15日。冬場です。すなわち鍋の

記事を読む

今、解かれし封印。2014年に射獲した四年ものカルガモを食べてみた

去年の10月に「大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた」という記事を

記事を読む

フードフレッシュバッグ

これは安い。手動ポンプ式の真空パック、フードフレッシュバッグ

獲物のサイズがハトより大きい場合、ジビエ一捕獲あたりの肉の量は一度には食べきれないケースが少

記事を読む

せみ

おいしいと噂のセミの幼虫を素揚げにして食べてみた結果。

「類は友を呼ぶ」という言葉どおり、そのへんのものを取ってきて食べる僕の周囲にも同じようなこと

記事を読む

猪ベーコン

風乾にちょっとだけ工夫が必要。夏場の燻製づくり。

後日作る予定のジビエ料理の材料として、何度目かのイノシシベーコンづくり。夏場の燻製づくりは冬場よりや

記事を読む

羽根

鳥猟ハンター垂涎。面倒な羽根むしり代行マシーンはこちら。

銃猟はやってるけど鳥はやらない、という人の理由に 「鳥は羽根むしりがめんどくさい」

記事を読む

珍品ジビエ

BBQ・鍋のウケ狙いにも。鹿でも猪でもない上級者用ジビエはこちら

秋の行楽シーズンも後半戦。ここから先は屋外でのバーベキューなどはちと厳しくなってくるでしょう

記事を読む

猪ベーコン

こないだ作った猪ベーコンがおいしかったので自慢する。

自身は未だイノシシ・シカ等大物の射獲経験がないものの、いつのまにか猟隊にまぎれ込みちゃっかり

記事を読む

ジビエ料理に最適!猟師が買うべき低温調理器→ヨーグルトメーカー

ジビエ料理に好適!猟師が買うべき低温調理器、ヨーグルトメーカー!

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーを買いました。(・∀・) 牛乳

記事を読む

ウサギ解体法

【グロ注意】所要5秒。ウサギの内臓を一瞬で抜く方法がすごい

まだしとめたことがないけど、おいしいという話を聞いているのでしとめたい、食べてみたいという狩

記事を読む

Comment

  1. monndou_n より:

    やっぱり、冷凍と真空パックは、偉大ですね。
    うちにも、今年の1月15日の猪肉が残ってましたが、もう犬の餌かなと諦めていました。
    −25度で保管してましたが、ただ、真空パックはしてないので、なんとも言えませんが…。猟期前にトライしてみようと思います。
    −60度を維持できる冷凍庫なら、3年はもつそうですが、電気代がえげつない事になるようです。

    • spinicker より:

      二年ももってくれるとは思ってませんでした!(・∀・)

      でも人間とは欲張りなもので、二年もってくれたのなら三年、いやそれ以上はどうなんだろうか。と考えている自分がいます。人間が食べれなくなっても犬なら食べるだろうから、僕もいずれ犬を飼って、二年以上の長期保存にトライしてみたいと思います。甲斐犬か紀州犬飼いたいなぁ。(´・ω・`)

  2. ltchughes より:

    アイスクリームに消費期限がないように、冷凍焼けさえしなければ、結構長持ちするのでは?

    長期保存の予定が決まっていれば、冷凍したものに氷水を掛けて再冷凍し、氷の膜で覆ってから真空パックするとか。

    ミンサーは持っていないので、今期の結果次第で買うことを考えていました。ボロボロにしてしまった肉も利用できますし、多すぎる脂身も有効活用できそうですし。またレシピもお願いします!

    • spinicker より:

      >>冷凍したものに氷水を掛けて再冷凍し、氷の膜で覆ってから真空パック

      そうそう。うまく真空パックできない時はいったん普通に凍らせてから、それを真空パックすると長持ちする。ということも聞いたことがあります。

      ミンサーあるといいですよ。ジビエはだいたい市販肉よりかたいことが多いですからね。僕はナウいヤングですが歯茎が弱ってきているので、その点でも細かく粉砕できるミンサーの存在はすごく助かっています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑