狩猟中の足濡れサヨナラ。防水靴下で実現する快適猟師生活

公開日: : 猟具・猟装

足裏

2月15日を過ぎ、猟期は延長戦に入りました。そう遠くないうちに春の野郎がやって来やがりますが、なんといってもまだ2月。しばらくは寒い日が続くことでしょう。

寒いといえば、僕が狩猟中、何より嫌うのが「足の寒さ」。

体はおかげさまで使い捨てカイロの13倍強力なハクキンカイロがいい仕事してくれてるのでぜんぜん寒くないんですけど、冬の山での待ちは体の末端が寒くて寒くて。特に足。靴の中に水が染みこんできたりしようものならもう最低。
清少納言も枕草子で言ってます、「くつしたなどぬれるもいとむかつく」と。…いやウソですけどね。

スポンサーリンク

デックスシェル防水靴下

僕と同じように狩猟中の足濡れを何より嫌う人の救世主になる可能性を秘めているのがこれ、DexShell(デックスシェル)の防水通気靴下。

DEXSHELLの防水透湿製品は、100%防水と透湿性能があるにもかかわらず、生地の収縮により通常の靴下や手袋と同じように違和感のなく使 用ができるのが大きな特徴になっています。またDEXSHELL製品は、3層構造(アウター、防水被膜、インナー)で構成されており肌に触れる部分のインナー素材のクールマックスやメリノウールは、汗を吸収して蒸散して蒸れを防ぐ機能があります。

製品公式サイトより

早い話が、外からの浸水を防いでなおかつ内からの湿気は逃がして蒸れを防ぐという点ではゴアテックスみたいな感じだけど、そこにインナーウェアの材質に適した伸縮性を持たせた生地らしい。

なるほど、最高かよ!(・∀・)

このあたりが冬場の狩猟によさそうだけど、高いんですよねぇ。現時点で5064円。僕の可処分所得では靴下に5k円は出せないなぁ。orz

これだと現時点で3k円ぐらいになるのでややお手頃。でもこれは夏場用になるのかな。薄そう。寒い時期なのであまり薄すぎると水は通さなくても、単に厚み的に寒いかも。

サイズはSmallが22-24センチ、Mediumが24-26センチ、Largeが26-28センチ。

あとは特殊な製品だけあって扱いもちょっと特殊なようで、

  1. 水温は40度C以下で洗濯機は可
  2. できるだけ手洗いをすすめてます
  3. 強く絞ると防水膜にダメージの可能性があります
  4. 指輪など尖ったものはをつけると製品にダメージを与える可能性があります
  5. 乾燥機禁止
  6. アイロン禁止
  7. 日陰干しをしてください
  8. 漂白剤禁止

製品公式サイトより

とのこと。要注意です。そのへんの靴下とは値段が段違いなので不注意で防水機能がなくなったりすると泣けます。(´;ω;`)

僕は狩猟用の靴自体がゴアテックスのトレッキングシューズなので現状ではこの靴下は必要ないっちゃないんですけどね。あと長靴系の人にもイマイチ響かないかもしれない。

でも防水機能に劣るスパイク地下足袋などの地下足袋系統で狩猟をやっている人には使い勝手がいいかもしれないのがこの靴下。

てか逆に、この靴下がちゃんと防水してくれればスパイク地下足袋が候補に入ってくる、と考えることもできるかもしれませんね。

スパイク地下足袋の多くはゴアテックスのトレッキングシューズやスパイク長靴のいいやつ、ハンターに人気の岩礁シリーズなんかよりはお手頃なので、靴下は高くても、トータルで考えるとアリかもしれません。

気になった方は財布と相談して一度 人柱 お試しになってみてはどうでしょうか?(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ベアトゥースコムライジングキット

M870の頬づけ調整にベアトゥースのコムライジングキットを試してみた

ドットサイトSD-33を装着したのはいいのですが、そのぶん頬づけの位置も高くなってしまい、改善の必要

記事を読む

便利地図サービス「Mapionキョリ測」

モニタの前でえび満月でも食べながら獲物までの正確な距離を知る方法

狩猟用空気銃を使ってカモ猟なんかをする場合、獲物までの正確な距離をつかんでおくことはとても重

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

無線

狩猟用簡デジに必要。イヤホンマイクとアンテナのレビュー(KENWOOD)

正月休みの出猟で痛めた背中がいまだ癒えきらず、なかなか大物猟に出れなかったり、出てもすぐ帰っ

記事を読む

無線

巻き狩り(グループ猟)に必須。4アマ無線の免許取り方と運用

※狩猟は狩猟でも「有害鳥獣駆除」は、自治体から受託する業務となるため、アマチュア無線の使

記事を読む

狩猟に最適なスマホ型サーモカメラflirone

獲物の発見・追跡に!低価格なスマホ接続式の赤外線サーモカメラ

すべてのハンターが避けたいことのひとつに「半矢・未回収」が挙げられると思います。獲物にケガさ

記事を読む

巻き狩りの待ちは寒いので指先の冷え対策にホットジェルを試してみた

巻き狩りの待ちは寒いので指先の冷え対策にホットジェルを試してみた

猟期には1月2月という、いわゆる「真冬」の時期が含まれます。 当然、シカ撃ちで入る山な

記事を読む

ざんてつけん

今まで見た中で最高の切れ味。柴田祟行のナイフ。

先日の狩りバカ日誌でシカを解体した時にも感じたことですが、やはりよく切れるナイフがあると獲物

記事を読む

狩りバカ日誌2016年12月4日

滑ると評判なメレルのトレッキングシューズを一猟期使ってみた感想。

昨年の猟期開始直後。 先代の狩猟靴、アディダスのトレッキングシューズがその役目を果たし、力尽き

記事を読む

モーラナイフ・コンパニオン(ステンレス)

定番猟用ナイフ。ハンター御用達なモーラナイフ・コンパニオンの実力

狩猟をやっていると刃物をいろいろと扱うことになります。当然、僕もあれやこれやと持っています。

記事を読む

Comment

  1. うさぎさん より:

    >4.指輪など尖ったものはをつけると製品にダメージを与える可能性があります。

    え?ど、どゆこと?
    靴下の性能の良さとかお値段とか置いといて指輪などってどういう意味なんだろう。
    それはつまり足に指輪をつけるって意味なのかな?
    足に指輪って・・・死ぬほど歩きにくいんじゃないだろうかw
    んー考えれば考えるほどわからん。
    とか思ったのでググったら普通に出てきた・・・あるんだ・・・
    初めて知った・・・
    でもこれ買うような人にはそんなに縁ないかもですね。

    全然関係ないどうでもいい話で申し訳ねえ。(´・ω・`)

    • spinicker より:

      この会社、靴下の他に帽子やら手袋やらも作ってるんで、主に手袋ユーザーに向けての一文でしょうね。まぁペディリング愛好家と縁が薄そうだという点は同意ですw

  2. ltchughes より:

     いやぁ、売り文句が最高なら、値段も最高ですね!

     気になりましたのは、うさぎさん同様、とがった物禁止令。これ、親指の爪が伸びていたりしたら、アウトという事ですよね?かなり気を付けないと。。。

    • spinicker より:

      僕も右足親指の靴下掘削能力はかなりのものなので、これを買うとなったらめっちゃ気をつけます。新品で内側から補強パッチ当てよう。(´・ω・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑