あるとないとでは大違い。これが猟犬用GPS端末「ドッグナビ」だ!

公開日: : 最終更新日:2018/05/16 猟具・猟装

GPS

狩猟をやっていると装備の追加・更新等は避けられません。

まぁ、その頻度や物の質をどうするかによって出費はある程度コントロールできるとは言っても、代替品のないようなツールに手を伸ばすとなると…その値段を受け入れるしかありません。(´・ω・`)

ドッグナビ

先猟期に買った猟犬用GPS端末「ドッグナビ」もそういった道具のひとつ。

高いんですよこれ。僕が買った時で約12まんえんです。値段見た瞬間一切の表情が消え失せましたね実際。ほほえみ忘れた顔など見たくはないさ。orz

中古で買った870がスラッグ銃身つきで11万円ほどだったので、銃より高い周辺機器ということになります。

でもこの機械、さすがに約12まんえんなだけのことはある素敵マシーンなのでした!(・∀・)

スポンサーリンク

猟犬の位置・動向が一目瞭然!

細かい設定や機能の詳細は省略して、ざっくりとした説明をば。

ドッグナビ

猟犬用GPS端末ということで、こんな感じで、専用首輪をつけた犬の居場所を教えてくれるのですこの素敵マシーンは!

この画像でいうと、僕の居場所が赤○のところ。向いている方向が矢印の方向。

で、犬の居場所は青○で囲まれたアイコンのところ。北が画面上になるように表示設定しているので、このケースだと、現状の犬の所在は自分からほぼ真南603mの地点。犬アイコンの後ろからつながっているのが、犬が走ってきた軌跡。となります。

動きが速くなったら「お、追い始めたな」とか、同じ場所をぐるぐるしだしたら「臭いを取れてないな」など、この端末があれば、犬の動きが簡単に可視化できます。

当地の場合、犬は獲物(9割以上シカ)から100~200mぐらい離されて走るケースが多くて、今までのように鈴の音メインで判断していると、音が聞こえてきた頃にはシカはもう通り過ぎた後だった。なんてことも。ダッシュしてないと案外音しないこともありますからね。

しかしドッグナビを持っていれば、犬の動きが明らかに追っているような形であればすぐにわかるし、その状態で自分の方へ向かってきているのであれば、数百メートル前から警戒しておくことも可能。
(電波と地形の状況が良ければ2500mほど先から把握できるようです)

何より、獲物を追った犬がこっちへ向かっている。という時のあの高揚感! これだけでも持っててよかったな、となります。(・∀・)

猟友の位置・動向も一目瞭然!

ドッグナビ

これはバージョンにもよるんですけど、現状(2018年5月現在)で最新の「ver2 sp」のヒト検知機能を搭載した端末同士であれば、猟友のいる位置も把握できます。

この画像でいうと、赤○が僕の位置。さっきは南、今は北を向いてますが、いる位置はさっきと同じロケーション。

で、青○のところに猟友が二人待機してるのがわかります。僕の位置から直線距離で東南東にだいたい600~700mぐらいかな。犬はそこからさらに南に300mらへん。

この機能があれば、猟友から応答がない。動きもない。何かおかしい。となった時に、すぐに駆けつけることが可能。獲物をしとめて引き出したいけど現在地を説明しにくい時なんかも、画面を見れば説明不要。べんり!

自分の位置も一目瞭然!

あと、GPSなので、自分が今どこにいるかってことも明々白々にわかります。迷子知らず。

まぁ、今日びたいていの人がスマホ持ってるはずなので自分の位置を知る方法としては順位は高くないかもですけど、スマホの地図アプリだと電波うんぬん事前ダウンロードうんたらの問題がなきにしもあらず。そういったわずらわしさはありません。

猟犬の回収が早くなる!

むかしむかし。こういう端末がなかった時代は、犬の回収に数日かそれ以上かかったこともあったんだとか。そういった不便さともこのドッグナビがあればお別れですね!

犬について言えば、音声機能(猟犬の吠え声を拾う機能)とかもあるんですけどね。バッテリーの消費が激しくなるので一長一短。うちの猟隊では使ってません。シカばっかりなので必要性低いですし。シシだと切られることがあるのでONにした方がいいかも、とかは思いますけど。

…という具合に、いろいろ高性能なGPS端末、ドッグナビ。

高性能なかわりに高価格でもあるけど、とりあえず納得はできるかなというところ。矢印の向きが狂いやすいとかアンテナが長すぎるとか、不満もあるんですけどね。(´・ω・`)

なんせ約12まんえんしましたからね。約束されし24の贖い(=2年払いフルローン)があと20ほど残っています。今期も大活躍してもらう予定です。ええ、使い倒してやりますとも。orz

ドッグナビ ver2 sp(AEG Hunters Shop)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

狩りバカ日誌 2019年2月16,17日(散弾銃・単独忍び猟)後編

短 vs 長。大ぶりな皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体に使ってみた。

解体にはシカより格段の時間がかかるイノシシ。皮下脂肪を肉の方に残すのに手間がかかるのが一因で

記事を読む

カモキャッチャー改良

カモキャッチャーにサビキ浮きをプラス!さらに進化した件。

最近、しとめたカモの回収は8割以上が超ロングタモ網によるもの。 当地の水場はあまり広く

記事を読む

大特価

格安スコープを狩猟(散弾銃)に使ってみて困ったこと。

所得弱者ながら銃猟なんてのをやってると、あっちゃこっちゃで節約する必要に駆られます。そのへん

記事を読む

箱罠自作

ホームセンターの材料で自作!低コストでできる箱罠の作り方

狩猟といえばおもに銃と罠。網猟をやってる人って周囲にはいなくて、やはり狩猟の方法としてはマイ

記事を読む

狩り場の見つけ方02

初心者ハンター必見! My狩り場の見つけ方

ここ数日、南河内では朝晩とても涼しく、気分良く寝起きできる日々を送れています。夏はいちばん好

記事を読む

狩猟者必携

禁猟区の詳細確認にも必要。これが「狩猟者必携(別冊)」だ!

狩猟をするにあたって、狩猟可能なエリアを確認できるハンターマップは必須。ということは昨日の「狩猟ヒヤ

記事を読む

便利地図サービス「Mapionキョリ測」

モニタの前でえび満月でも食べながら獲物までの正確な距離を知る方法

狩猟用空気銃を使ってカモ猟なんかをする場合、獲物までの正確な距離をつかんでおくことはとても重

記事を読む

巻き狩りの待ちは寒いので指先の冷え対策にホットジェルを試してみた

巻き狩りの待ちは寒いので指先の冷え対策にホットジェルを試してみた

猟期には1月2月という、いわゆる「真冬」の時期が含まれます。 当然、シカ撃ちで入る山な

記事を読む

狩猟用スマホCAT S60

爆誕、狩猟用スマホ!赤外線サーモカメラ内蔵のCAT S60が凄まじい件

これといってスマホに興味あるわけじゃないんですけどね。でも今となっては生活必需品となってしま

記事を読む

sd-33

大物猟用のドットサイト、サイトロンSD-33をM870に載せてみた。

M870がかっこいいのは一万年と二千年前から決まり切っていることであってこれはこれで申し分ないのです

記事を読む

Comment

  1. monndou_n より:

    去年の11月に首輪とセットで買いました。
    確かキャンペーンで値引きがあったので、セットで15万ぐらいだったような気がします。(犬の価格の1.5倍)
    とある河原で訓練のため、犬を離した時、相当遠くに走ってしまい、追いかけて行く時に役に立ちました。後は、山でウサギを追いかけて行って、行方不明になった時と。
    その他は、猟場のポイントの入力に使ってますが…。正直、操作系は不満だらけです。日本語入力とか、メモリの選択とか。
    フルノの担当の方と話をしましたが、こちらの要求する様な機能はなかなか難しい様ですね。(パソコン、タブレットに接続して、位置表示をさせる等。)
    ソフトウェアアップデートで何とかして欲しいものです。

    • spinicker より:

      評判はそれほど高くないけど、他にないですからねー。僕もいずれ犬欲しいけど、そうなるとさらに首輪の出費が…。はぁ。(´・ω・`)

  2. LtcHughes より:

     これはまた、すごいアイテムですね。ガサドンの危険を回避出来るでしょうし、事故のための安全アイテムとしても有用。銃より高い買い物であったとしても、命より安い買い物。良いですね!

    • spinicker より:

      GPSとしてはスマホでいいけど、故障しないとも限らないし。バックアップとして持っているとお守りのような安心感があるのは事実です。(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑