定番猟用ナイフ。ハンター御用達なモーラナイフ・コンパニオンの実力

公開日: : 猟具・猟装

モーラナイフ・コンパニオン(ステンレス)

狩猟をやっていると刃物をいろいろと扱うことになります。当然、僕もあれやこれやと持っています。

ただ、やはりバリバリの実用品なので、どうかすると紛失したり破損したりということもあるわけで、こればっかりは仕方のないこと。

ブローニングハンティングナイフ

「狩猟とは切っても切れないツール。僕の猟用ナイフ一式を紹介します 」でも紹介したブローニングのコンビナイフ。

こちらは鳥猟に大物猟にとマルチに活躍していたのですが、スキナー型(先端が曲がっている方)の方が、シカの股関節を外している最中に先っぽが折れてしまいまして。無理にこじったのがいけなかったんですけどね。(´・ω・`)

現場でのバラシ用に一本買い足す必要が出てきました。

モーラナイフ・コンパニオン(ステンレス)

今回選んだのがこれ。ハンターの間では評判の高いモーラナイフ。の、Companionというモデル。錆びに強いステンレス鋼の、まさに実用本位といったハンター向けのナイフです。

兄弟モデルでCompanion Heavy Dutyというカーボンスチールのモデルもあります。↑のこれです。こちらは錆びやすいかわりに斬れ味はCompanionより上だと言われています。

さて、僕が今回買ったConpanion。

斬れ味はCompanion Heavy Dutyより劣るということになっていますが、実猟時の使い勝手・斬れ味はどうなのか。使用前に一度研いだものを今年の2月12日にしとめたシカの解体で試してみました!

スポンサーリンク

Mora knife Companion シカ解体レビュー

モーラナイフ・コンパニオン(ステンレス)

解体に使ったのはこのあたりではわりと大きめのメス鹿。木から逆さ吊りにした状態で解体していきます。後ろ脚から皮を剥いでいって、ウデを取って、背中を取って、腹を出して、最後に後ろ脚を取って…と。

駆け足で書いてしまいましたが、非常に使いやすい!(・∀・)

サイズ感はやや小ぶり、だがそれがいい。あまり大きいと入り組んだところの関節外しなどがしにくいです。この小ささはアドバンテージ。もう少し小さくてもいいぐらい。くり返し研いでいるうちに小さくなってくるでしょうけど。グリップの持ちやすさ、滑りにくさもナイス。

地面に置いても発見しやすいオレンジ色を選んだこともあいまっておもちゃのような安っぽい印象もありますが、実用品としては申し分ないでしょう。値段も現時点では2000円あまり、悪くないです。

最後になりました。問題の斬れ味です。

これは「いい感じに切れていい感じに切れない」とでもいいましょうか。ほめ言葉ですよ?

現場での解体は皮を剥いで各部の関節を外す作業。この段階ではそれほど鋭利さは必要としないのです。手元も足元も良くない現場ではあまり切れすぎるとこわいぐらい。

ばらしたパーツから肉を取る精肉は、骨から肉を外し、外した肉を切るというよりはバリッとはがして分けていくのがメインの作業。僕の場合はここから先は藤次郎プロの骨スキの出番です。

その後、ブロックにした肉を各員への分配として切り分ける作業では肉そのものをズバズバ切っていくこともあるでしょう。ここでは切れ味はあった方がストレスなくいけるかと。

段階が進むごとに切れ味が必要になってくるような感じですかね。

このうちの「現場での解体」にモーラナイフのCompanionは適していると言えます! 錆びにくいのも助かります。

まぁ、あくまでシカで、僕の参加してる猟隊のやり方の場合。ですけどね。

結論は「買ってよかった」です。ツイッターの方でも一時期話題になっていたのは伊達ではないと実感できました!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

鳥猟ハンター(空気銃)のザックには何が入ってるのか紹介してみます。

鳥猟ハンター(空気銃)のザックには何が入ってるのか紹介してみます。

僕は散弾銃で大物猟もやれば、空気銃で小物猟(鳥猟)もやっています。最初は空気銃からこの世界に

記事を読む

狩猟用ナイフ一式

狩猟とは切っても切れないツール。僕の猟用ナイフ一式を紹介します。

ハンターの間でも、あれがいい、いやあそこの方がいい、と常に話題になるのがナイフの話。やっぱり

記事を読む

spinicker、空気銃猟(いったん)やめるってよ。その理由とは?

えー。突然ですが、空気銃(レインストーム)を手放し、七猟期に渡り携わってきた空気銃猟からいっ

記事を読む

コンパス

狩猟に登山に。圏外でも使えるスマホ無料地図アプリ、ジオグラフィカ

狩猟や山登りをしていると、予期できるものからできないものまで、様々なトラブルを身近に感じるよ

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年2月16,17日(散弾銃・単独忍び猟)後編

短 vs 長。大ぶりな皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体に使ってみた。

解体にはシカより格段の時間がかかるイノシシ。皮下脂肪を肉の方に残すのに手間がかかるのが一因で

記事を読む

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

狩猟のマストアイテム、ナイフ。ピンからキリまでありますが、僕の持ってるのは数千円の普及品ばかりです。

記事を読む

【PR】ハンターフリマ!現在狩猟用空気銃レインストームを展示中です【PR】

売れました、落札御礼!(・∀・) 前回の記事で空気銃猟からいったん離れると記しましたが

記事を読む

シェルホルダー

安物の散弾用シェルホルダー(弾差し)がおすすめ級に使いやすかった件

あれやこれやと考えながら猟装や猟具、またそのパッキングなんかを吟味するのは猟師にとって楽しい

記事を読む

パナソニックのウェアラブルカメラA1H

パナソニックの新ウェアラブルカメラHX-A1Hが欲しすぎる件(*゚∀゚)=3

前前モデル HX-A100 狩猟の魅力、醍醐味を伝えるためには、臨場感あふれるダイナミックな動

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年1月21日(散弾銃・単独忍び猟)

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

シシの解体は皮剥ぎが肝要。脂の乗っていない本州のシカ(猟期)であればベリベリっと剥ぐことがで

記事を読む

Comment

  1. うさぎさん より:

    おお!モーラいいですね!
    僕はブッシュクラフトするので持ってますよ!
    ヘビーデューティー!

    ステンレスを買われたということですが僕はカーボンスチールのモデルを持ってます。
    確かに錆びやすいのは錆びやすいですけど黒錆加工出来たり若干ですが(笑)切れ味良かったりするので結構気に入ってます。
    なにより安いので錆びさせても研ぎすぎてもカスタムしても買いなおせるというとこが良いですよね!(研ぎフリークです。)

    大切に使ってあげてください。

    • spinicker より:

      ヘビーデューティーの方は刃も厚くてタフに使えると聞いています。やはりこういう実用品はガンガン使い倒せてなんぼだと思うので、安いものをどんどん入れ替えて使いよいものを自分のスタイルに合わせて確立していくのが楽しいですね!(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑