パナソニックの新ウェアラブルカメラHX-A1Hが欲しすぎる件(*゚∀゚)=3

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 猟具・猟装

前前モデル HX-A100

狩猟の魅力、醍醐味を伝えるためには、臨場感あふれるダイナミックな動画なんかも効果的。猟師を始める前からその点は考えてまして、

このウェアラブルカメラを導入しています。パナソニックの「HX-A100」という製品。本サイトの猟具紹介ページでもちょっと紹介していますが、視線と非常に近い、おもしろい動画が撮れるのですよこれが。

こちらが以前にこのウェアラブルカメラで撮影した、単独忍び猟の様子(あまり忍べてませんが)。ほぼほぼ自分の目で見た通りの景色が撮影、共有できるのがウェアラブルカメラの魅力です。アクションカムとかアクションカメラなどとも呼びますね。

安くなったなぁ、僕が買った時はもっと高かったのになぁ。。。orz

このカメラは次の猟期にも活躍してもらう予定ですが、運用する上で不満な点がないわけではありません。それは

  • 本体とカメラをつなぐコードが邪魔になる時がある
  • カメラ固定用のバンドが耳かけ式なので、眼鏡や耳にかけるタイプのイヤホンと併用がしにくい
  • バッテリーのもちが短い
  • 等倍では遠くのものが見た目よりやや小さく見える、2倍でいいので光学ズームが欲しい

という点。(´ ・з・)

本体のWi-Fiで接続したスマホがユーザーインターフェイスになるのでスマホがないと使い勝手が大幅ダウンですが、

パナソニックウェアラブルカメラスマホアプリ

無料でダウンロードできるスマホのウェアラブルカメラ用アプリがあればスマホの画面でこのようにアングルなどの確認もでき、なかなか使えるアイテムです。

スポンサーリンク

新登場モデル HX-A1H

しかし! 今年の6月に発売された後継機「HX-A1H」を見ていると、もう少し待ってこっちを買っておけばよかった! 不満だった点がいろいろと解消されているようなのです。

パナソニックウェアラブルカメラ HX-A1H

パナソニックのウェアラブルカメラA1H

以下の画像は公式サイトより

まず最大の変更点、コードの廃止! 黒とオレンジの筒のようなものがカメラ+本体です。一体化されてすっきりとしています。これは使いやすそうだなぁ、コードに悩まされてた者からすると!

パナソニックのウェアラブルカメラHX-A1H

耳かけ式で使いづらかった固定用バンドもヘッドバンド式に改良されています。モデルにわざわざ眼鏡の人を登用しているところがニクイ! よくわかってます! そのとおり、眼鏡してても使えることが大事なのです。

パナソニックのウェアラブルカメラA1H

純正のアクセサリはいろいろありますが、やっぱりこれ。拡張バッテリー! ・・・ですが、説明書きによるとヘッドバンドとの併用ができないとのこと。このへんが詰め甘いですね。

パナソニックのウェアラブルカメラA1H

防水、防塵、耐衝撃、耐低温。このあたりは猟師にとってはかなりありがたいです。真冬の山ではこれらのどれもが脅威となります。

と、ここまで書いて某通販大手サイトを見てみるとあまり高い評価は得られていないようですね。。。(´・_・`)

僕の用途では常にスマホ画面でビューを確認することはないし、スローモーションモードもナイトモードもワイプ機能も、モバイル端末でyoutubeを閲覧したら即パケ死するような高解像度も必要ないので、とても気になる商品です。これはいいものだ! (*゚∀゚)=3

似たような製品にGoproなんかもありますが、僕としては主に固定方法から現状ではGoproはちょっと、という感じです。

このA1H、欲しいのですがお金がないので、今回はスルーして次のモデルに期待しています。もっとバッテリーのもちがよくなって追加バッテリー買わなくていいようになってたらいいのになぁ。

・・・もしくは、ものすごいペースで値下がりして手が届くぐらいにまでなれば、あるいは・・・(; ・`д・´)…ゴクリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

二猟期ほど使い倒してまた同じの買う予定の狩猟用手袋がこちらになります

猟具・猟装も数ある中で、なかなかしっくりこないものの筆頭格が手袋ではないかと思われます。

記事を読む

巻き狩りの待ちは寒いので指先の冷え対策にホットジェルを試してみた

巻き狩りの待ちは寒いので指先の冷え対策にホットジェルを試してみた

猟期には1月2月という、いわゆる「真冬」の時期が含まれます。 当然、シカ撃ちで入る山な

記事を読む

猟装をワッペン屋どんぐりのワッペンでデコレーションしてみる。

猟装をワッペン屋どんぐりのワッペンでデコレーションしてみる。

僕は昔からジョークグッズみたいなものが大好きでして。父親もそうなので、なんか遺伝的なものがあ

記事を読む

猟犬用ロープ

かっこいいぞ!猟犬捕獲用ロープの巻き方・作り方

大物猟のグループに入ってすぐの頃、まわりのベテラン猟師が腰からロープの束をいくつも吊して歩い

記事を読む

ざんてつけん

今まで見た中で最高の切れ味。柴田祟行のナイフ。

先日の狩りバカ日誌でシカを解体した時にも感じたことですが、やはりよく切れるナイフがあると獲物

記事を読む

スコープ倍率

狩猟用空気銃にはどれぐらいの倍率のスコープを載せるべきか?

こういった狩猟ブログを運営しているといろいろとメールが届くもので、過去には「空気銃用のスコー

記事を読む

狩りバカ日誌 2019年1月21日(散弾銃・単独忍び猟)

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

シシの解体は皮剥ぎが肝要。脂の乗っていない本州のシカ(猟期)であればベリベリっと剥ぐことがで

記事を読む

seeallopensight

詳報に期待!新しいタイプの光学サイト「See All Open Sight 」

スコープがいいのか、ホロサイトか、はたまたドットサイトか。 前シーズン、鹿に射掛けては

記事を読む

鳥猟ハンター(空気銃)のザックには何が入ってるのか紹介してみます。

鳥猟ハンター(空気銃)のザックには何が入ってるのか紹介してみます。

僕は散弾銃で大物猟もやれば、空気銃で小物猟(鳥猟)もやっています。最初は空気銃からこの世界に

記事を読む

殉職した超ロングタモ網

【訃報】超ロングタモ網、殉職・・・。原因は?

猟場の見回り時にヒシをたくさん見かけていたので、ヒシの実の調理、試食の様子を本サイトの方で紹

記事を読む

Comment

  1. トキハ より:

    わたしもこれのレヴュー見たんです…いいなって。
    まあ、相変わらずiモード携帯なので(笑)スマホ活用はできないのでかなりもったいない気もします。

    さらにAmazonの評価では残念なものも見受けられて、これはまだ熟成が足りないなと。
    欲しい欲しいはいつものことですが、まずはひと通り揃えてからかなと。
    そう言っているといつになっても買えませんけどね。

    • spinicker より:

      僕の場合はパナソニック系のウェアラブルカメラ一択なので詳しくは知りませんが、Goproとか、ソニーから出てるアクションカムなら、本体に液晶がついていてそこで画面確認とか操作とかできたと思います。一長一短ですね。( ̄ω ̄)

  2. mimimi より:

     これは良いですね!子供とスキーやボードをする時に、子供の動きを撮影してコーチングに使えそうです。
     
     ただ、優先順位としましてカメラよりも3丁目+スコープ。まだまだ先の話になりそうです。。。

    • spinicker より:

      僕もこれ欲しいんですけど、こちらもまずはM870に載せるドットサイトが最優先です、現状では。で、その次は犬の動きを追えるハンディGPSかなぁ。

      でもこのGPSがお高くて(75,000円也)、どうやって費用捻出しようか頭が痛いです。てゆーかそもそも出せるのか不安です。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑