綺麗な映像だろ?夜なんだぜこれ。夜を昼のように撮るカメラ、X27!

公開日: : 猟具・猟装

X27デモンストレーション

大物猟のターゲットであるシシやシカは夜行性。もとは昼行性であったものが人間と活動時間が重ならないようにするために夜行性になった、という話も聞いたことがありますが、とにかく、今のシシやシカは夜によく活動しています。

で、現状、ごく一部の例外をのぞいて夜間は銃猟禁止。夜に出会うシシやシカは昼間とちがってぜんっぜん逃げないので、もし夜間の銃猟+公道上からの発砲が解禁になれば、少なくとも当面はバカスカ獲れるようになるはず。…すぐに学習して夜でも逃げるようになるんでしょうけどね。

夜間に彼らを見かける場所といえば、やはり道路沿いがほとんど。

そりゃ山中にもいるんだろうけど、撃ってはいけない時間帯に山へ分け入って様子を見に行ってもあまりメリットはないし、それ以前に暗くて見えません。

暗視カメラとかもあるけど、解像度悪かったり色合いが味気なかったりするし、夜でも昼間みたいに見えるカメラなんかがあれば面白いんじゃないかなぁ。(´・з・)

X27デモンストレーション

あるんだな、それが!(・∀・)

Sierra Pacific Innovations(SPI)社が開発したX27というカメラシステムではそれが可能なのです!

Color ultra Low Light true Night Vision Camera module

機能紹介とデモンストレーションを兼ねた動画がこちら。この記事の画像は動画からのキャプチャです。

X27デモンストレーション

はい。右半分。昼間にしか見えませんね。でもこれは夜に撮影したものなのです!

左半分の黒っぽいのが従来の暗視カメラ。暗視カメラにもいくつか種類があるようで、こんなモノクロのとか、あとはなんか緑っぽい色合いになるやつとか。どちらにせよこのX27が可能にする動画は色合いが今までの暗視カメラとは色合いがまったくちがいます。

X27デモンストレーション

そうそう、こういうの。ビッグキャットダイアリーとかでよく見るこれがおなじみのナイトビジョンです。

上の動画、実は映像のすごさという点ではわかりやすさイマイチです。かしこいコンピュータが映像処理してるんだろうなということは想像つきますが、どうやってるかまではさっぱりわかりません。説明も英語だからチンプンカンプン。

ということで、もうひとつ動画を用意しました。こっちは字幕で各シチュエーションの簡素な説明があるので状況がわかりやすいです。

いろんな状況でのテストが公開されてますけど、4分10秒らへんのTEST5と7分5秒あたりのTEST8とか見てると、なんかもう、普通に昼とか夕方とかに撮ったんちゃうん? と言いたくなります。本当はどういう状況だったのか混乱してくる…(;°∀。)

なんでこんなことができるんでしょうね? こういう物こそソニーあたりに作ってもらいたかった気がします。今はもうソニーといえばソニー損保フゥーというイメージしかなくなってしまいました。(´・ω・`)

スポンサーリンク

音楽がうっとおしい場合はこちらの動画をどうぞ。

いろんなサンプルを見てきたけど、若干、光源の処理でなんかヘンなところがまだあるみたいな感じですかね。

ゆくゆくは罠猟も考えてるので罠の近くにトレイルカメラとかセットできたら面白そうだなとか思ってました。

その時までにこのテクノロジーが完璧に仕上がって、ドローンに搭載できるほど小型化されて、かつ安く買えるようになってたりしたら、狩猟がもっと楽しくなりそうですね!(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

里山

空気銃猟時の猟装はこれ?「里山迷彩」という考え方。

当地の空気銃流し猟の環境はおもに里山。車でため池7割、河川3割ぐらいの水場を回ってカモを探し

記事を読む

猟犬用ロープ

かっこいいぞ!猟犬捕獲用ロープの巻き方・作り方

大物猟のグループに入ってすぐの頃、まわりのベテラン猟師が腰からロープの束をいくつも吊して歩い

記事を読む

スコープ倍率

狩猟用空気銃にはどれぐらいの倍率のスコープを載せるべきか?

こういった狩猟ブログを運営しているといろいろとメールが届くもので、過去には「空気銃用のスコー

記事を読む

国土地理院地図

カモ猟の猟場開拓に!Googlemapより一歩先行く国土地理院地図

ハンターにとって地図は大切なもの。ハンターマップを筆頭に、いろんな地図のお世話になりながら、

記事を読む

狩猟中の足濡れサヨナラ。防水靴下で実現する快適猟師生活

2月15日を過ぎ、猟期は延長戦に入りました。そう遠くないうちに春の野郎がやって来やがりますが

記事を読む

無線

巻き狩り(グループ猟)に必須。4アマ無線の免許取り方と運用

※狩猟は狩猟でも「有害鳥獣駆除」は、自治体から受託する業務となるため、アマチュア無線の使

記事を読む

狩猟者必携

禁猟区の詳細確認にも必要。これが「狩猟者必携(別冊)」だ!

狩猟をするにあたって、狩猟可能なエリアを確認できるハンターマップは必須。ということは昨日の「狩猟ヒヤ

記事を読む

パナソニック製真空パック機「BH-951P」

獲物の冷凍保存に!パナソニック製真空パック機「BH-951P」の実力

どんな獲物をどんな方法でどれだけ獲ってくるかにもよるでしょうが、ハンターやってると獲物専用の冷凍庫っ

記事を読む

【PR】ハンターフリマ!現在狩猟用空気銃レインストームを展示中です【PR】

売れました、落札御礼!(・∀・) 前回の記事で空気銃猟からいったん離れると記しましたが

記事を読む

狩猟用スマホCAT S60

爆誕、狩猟用スマホ!赤外線サーモカメラ内蔵のCAT S60が凄まじい件

これといってスマホに興味あるわけじゃないんですけどね。でも今となっては生活必需品となってしま

記事を読む

Comment

  1. monndou_n より:

    自衛隊に体験入隊した時に、暗視ゴーグルをかけさせてもらいましたが、本当によく見えます。
    最近のデジタル一眼も、訳が分からないほどISO感度があげれるようになりましたし、技術の進歩はすごいですね。
    前から考えてたのが、ドローンにIRカメラを取り付けて、リアルタイムで送信すれば、youtube等でよくある攻撃ヘリのように見えないかと。(ゲリラ戦になるので、有効性は不明ですが)
    見切りの見るぐらいは出来るかなと思ったりしていますが。

    • spinicker より:

      そういえば自衛隊の見学とかできるんでしたっけ。面白そうですね。
      ISO感度といえばフィルムで写真撮ってた頃は1600とかだったような。
      今ちょっと調べてみてたら、α7で409600ってなってました。もう意味わからん。orz

      ドローンを狩猟に活用するのは海の向こうでは実用化されてると聞いたことがあります。
      いずれ日本でもそうなるかもしれませんね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑