短 vs 長。大ぶりな皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体に使ってみた。

公開日: : 最終更新日:2019/03/10 猟具・猟装

狩りバカ日誌 2019年2月16,17日(散弾銃・単独忍び猟)後編

解体にはシカより格段の時間がかかるイノシシ。皮下脂肪を肉の方に残すのに手間がかかるのが一因です。

そのために「スキナー」「スキナーナイフ」「皮剥ぎナイフ」「皮剥ぎ包丁」といったそれ専用の刃物が売られていて、シシ猟をする猟師必携のアイテム。あとはシカはシカでもエゾシカとか、ホンシュウジカでも夏場の有害個体だと脂多いみたいですね。

皮剥ぎナイフ(スキナー)
皮剥ぎナイフ(スキナー)

僕は現在これぐらいの小ぶりなスキナーを使っています。

シシ猟隊にいたころに買った大きめのスキナーも持ってたんですけど、山中でザックの中身をぶちまけてしまった時に紛失したので小さいのを買いなおしたのです。

関連記事:格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

が、そこは日ごろの行いのいい僕。山の神様が返してくれました。荷物をぶっちゃけた地点より数十メートル上にて発見。ぶっちゃける前からパッキングが緩んでいたようです。これで皮剥ぎナイフが二本になりました。

このでっかい方を山中で使ってみたことはまだありません。そこでフィールドで実際にシシの皮剥ぎをやってみて、使い勝手を試してみることにしました。

スポンサーリンク

イノシシの妊娠線

皮剥ぎは2月17日にしとめた、でっかいメスのシシで行いました。

関連記事:狩りバカ日誌 2019年2月16,17日(散弾銃・単独忍び猟)後編

以前いたシシ猟隊は設備のしっかりした山小屋を所有していて、そこではこいつを使っていました。足場も悪けりゃ獲物もぶらんぶらんしているフィールドでの解体、使いごこちはどうか?

・・・・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・

皮剥ぎナイフ(スキナー)

うう~~~ん。僕の腕とこの状況だと、やっぱり小さいスキナーの方が使いやすいかな。

長い刃渡りを利用してずら~~~っと刃を長走りさせて一気に削ごうとすると、切れすぎて皮に穴を開けてしまう…
かといって少しずつちまちま削ごうとすると、長さが邪魔になって動かしにくい。てか、それじゃあ小さいのでいいじゃないか。となる。

格安皮剥ぎナイフを山中でのイノシシ解体で使ってみた。

皮剥ぎに慣れてる人、手先の器用な人。獲物が大物でちまちまやっていては時間がかかるケース。ものすごく脂乗りがいいので多少はロスを出してでも手早く済ませたい時。台の上とか、良好な環境でやる場合。などにはおすすめできます。使いこなせれば早いはず。

シシの解体、どこまで丁寧にやるかだけど、やっぱり時間かかりますからね…。現状では一頭に3時間かそれ以上かかってます。しとめたのが夕方だと大変。

僕はしばらくは小ぶりスキナーでやっていこうと思います。で、慣れてきたら長いのに挑戦。時短を試みます。その時まで大事に取っておきましょう。

これからナイフを揃えようという方には、僕的には短いものをおすすめします。安いですしね。このへんから腕を上げていきましょう! (・∀・)

Twitterやってます。たまにいいことつぶやいてるので、よければフォロー願います!(・∀・)
アカウント → SPINICKER @Boy_Meets_Meats

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

狩猟のマストアイテム、ナイフ。ピンからキリまでありますが、僕の持ってるのは数千円の普及品ばかりです。

記事を読む

seeallopensight

詳報に期待!新しいタイプの光学サイト「See All Open Sight 」

スコープがいいのか、ホロサイトか、はたまたドットサイトか。 前シーズン、鹿に射掛けては

記事を読む

狩りバカ日誌2016年12月4日

滑ると評判なメレルのトレッキングシューズを一猟期使ってみた感想。

昨年の猟期開始直後。 先代の狩猟靴、アディダスのトレッキングシューズがその役目を果たし、力尽き

記事を読む

プレゼント

まだ間に合う?猟師な彼(女)へのお値打ちX’masプレゼントはこちら!

今日が18日ということは、7日後は25日。何かあったような気がしますね、なんの日でしたっけ?

記事を読む

Duty Apparel狩猟用ベスト

使い勝手よし。Duty Apparelの狩猟用ベストがやってきた。

最近になった新しく入ってきた人はそうでもないことが多いようですが、昔から射撃や狩猟をやっているベテラ

記事を読む

カモキャッチャー改良

カモキャッチャーにサビキ浮きをプラス!さらに進化した件。

最近、しとめたカモの回収は8割以上が超ロングタモ網によるもの。 当地の水場はあまり広く

記事を読む

狩猟に最適なスマホ型サーモカメラflirone

獲物の発見・追跡に!低価格なスマホ接続式の赤外線サーモカメラ

すべてのハンターが避けたいことのひとつに「半矢・未回収」が挙げられると思います。獲物にケガさ

記事を読む

スコープ倍率

狩猟用空気銃にはどれぐらいの倍率のスコープを載せるべきか?

こういった狩猟ブログを運営しているといろいろとメールが届くもので、過去には「空気銃用のスコー

記事を読む

ハンターのナイフたち。今持っている狩猟用のナイフを紹介します。

ハンターのナイフたち。いろいろ買い足した狩猟用ナイフを紹介します。

僕の狩猟用ナイフ。同じような内容の記事は以前にも掲載したんですけど、 関連記事:狩

記事を読む

キャップとハット

今期から狩猟用の帽子をブッシュハット(ブーニーハット)にする理由

あまりお金をかけたくない。どれがいいのかわからないのでとりあえず。 といった理由で、昨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑