*

狩りバカ日誌 2015年12月19日(空気銃猟)

公開日: : 最終更新日:2016/10/24 狩りバカ日誌2015

曇りのち晴れ 7℃-2℃

猟場の野生クレソン

鳥の猟期もすでに1ヶ月が経過したというのに、初回はレインストームの故障、二回目はタイヤのパンクで早々に猟場から退散。と、アンラッキーが続いた。(x_x)

今回でやっと3度目の空気銃猟。今日もしまたなんらかのトラブルで余計な出費とか早々の切り上げとかがあったら動物霊のお祓いでもしてもら・・・わないけどね。幽霊とか神様とか、そんなの信じてないし。

スポンサーリンク

気温も下がり、すっかり冬めいてきた里山をサンバーでとろとろ走る。

う~~~ん。装薬銃猟もいいけど、空気銃猟もいいなあ!

空気銃の鳥猟はこのマイペースさというかのんびり感が心地いい。でも獲物が見つかれば姿を隠して接近するスナイパーモードに気分が切り替わり、なんか自分がネコ科の動物になったような錯覚におちいる。このメリハリもまた魅力だ。

銃禁ではないものの宅地が多くて撃てないところのアオクビを横目で眺めたりしながらさしかかった本命の池。 ・・・いた、カルガモ!

いつものように池の真横には停めず、しばらく走ったところで停車してさらにいったん回り込んでから隣接の林に入って射撃位置を確保する。

空気銃のカモ猟

いくら鳥類の目がいいといっても「明るいところにいる者から暗いところにいる者は見えにくい」の法則からは逃れられない(それでも人間よりは見えているようだが)。日なたの池で泳いでいるカモは日陰の林にいるこちらをまったくマークしていない。

30mちょいか、もらった!

パコーン!

カモのやや斜め後ろに小さな水柱が上がる。頸椎で跳弾になったペレットが立てた水柱だ。おそらく首を貫通したはず。が、いつでも二の矢をかけられるように、スコープをのぞいたまま様子を見る。

今までに何度か経験あるのが「獲物が動かなくなったので銃を下ろして回収に向かうと、突如復活してそのまま逃げられる」というパターン。

動かなくなったからといってすぐ射撃姿勢を解いてしまうと、ショック状態から回復して行動可能になった獲物に逃げられ、半矢にしたり回収不能にしてしまったりする。僕などは銃を構えているところを人に見られたくないのでやってしまいがちなミスがこれだ。

が、今回は幸いにもこれ以上ないクリーンキルになり、水面に突っ伏したカルガモが二度と動くことはなかった。

空気銃のカモ猟

逆さ吊りにしたカモの足を片方だけタイラップ(結束バンド?)で手頃な枝にしばりつけ、下処理の準備完了。両足をしばってしまうと裏返したり表向けたりしにくくなるのでしばるのはいつも片足だけだ。長めのものを準備しておくと多少太い枝でもくくりつけることができる。

今年の2月7日に一つの池で三羽のカモを獲って以来、約10か月ぶりのルーティンワーク。これをやるといや増して猟期のおとずれを強く実感する。やはり僕の原点は空気銃のカモ猟にある。

さっきのカモは残念ながら水から上げた瞬間、重さで脂乗りの乏しさがわかるほどやせっぽちだったので、もう一羽獲るべく巡回を再開する。

・・・が、相手は自然。そう毎度うまく事が運ぶわけもなく、その後射獲の幸運はめぐってこなかった。(´・ω・`)

猟場のクレソン

最後の池のチェックが終わり、水路を越えて車に戻る。そのときふと、靴の横に何やら気になるシルエットを発見した。

大根の葉にも似た足元の緑。アブラナ科っぽいな・・・って、まさか。

葉の一枚をちぎって口に入れる。ほんのりとした辛み。まちがいない、クレソンだ!

二羽目のカモは手に入らなかったが、代わりに狩猟の神様の粋な計らいでジビエ料理にぴったりな付け合わせ野菜を、採り尽くせないほど大量に賜った。

前言撤回、ちょっとは神様信じてみてもいいかな。


【本日の猟果】
発砲 4
失中 3(カルガモ2,ハシビロ♀1)
命中 1(カルガモ1)
半矢 0
捕獲 カルガモ1(34m左手レスト・首貫通)
回収不能 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

遠目のハシビロペア

狩りバカ日誌 2015年11月15日(空気銃)

雨 16℃/10℃ アラームをセットしたのは4:30。そのさらに1時間半前に目が覚めた。

記事を読む

師匠と山歩き

狩りバカ日誌 2015年11月22日(散弾銃・シカ巻き狩り)

晴れのち曇り 17℃/5℃ 天高く山紫水明な奈良県某村。山深いこの場所は全域が猟場と言

記事を読む

宴の後

狩りバカ日誌 2016年3月6日(散弾銃・シカ巻き狩り)

曇り 19℃/7℃ ううっ、頭が痛い。なんだこれは。 そうか、昨日は師匠の山

記事を読む

サンバーバンと林道

狩りバカ日誌 2016年2月13日(空気銃猟+猟場新規開拓)

曇りのち雨 19℃/6℃ 僕にとっては今日が実質的に鳥猟最終日。天気も昼ぐらいまではど

記事を読む

ナイトサファリと化した某村

狩りバカ日誌 2015年12月31日 狩り合宿二日目

晴れ 10℃/-3℃ 狩り合宿二日目の朝。鹿師匠と猟友と僕、三名で囲むにぎやかな朝の食卓。シカ

記事を読む

ヌートリアは獲れたか

2015年度猟期を振り返ってみる

2015年度の猟期を終えて数日。早くも来猟期が待ち遠しくて仕方ない日々を送っています。(´・

記事を読む

サンバーと猟場

狩りバカ日誌 2015年12月6日(散弾銃・シカ巻き狩り+α)

曇り 9℃/2℃ 今日は鹿師匠と僕、そして鹿師匠の犬、二人と一頭によるミニ巻き狩り。午

記事を読む

タシギのいない田んぼ

狩りバカ日誌 2016年2月6日(空気銃猟)

曇りのち晴れ 6℃/-3℃ 画像はwikipediaより[/caption]

記事を読む

猟場を走る猟犬(紀州犬)

狩りバカ日誌動画つき 2016年1月31日(散弾銃・シカ巻き狩り)

晴れ 8℃/-1℃ 朝イチの単独猟で車中から10頭ほどの大きなシカの群れをみかけ、即降

記事を読む

メス鹿をしとめる

狩りバカ日誌 2016年2月21日(散弾銃・シカ巻き狩り)

雨のち曇り 7℃/-1℃ 本日も快調。2週間前と同じく、午前と午後のグループ猟2ラ

記事を読む

Comment

  1. FX2000 より:

    いつも楽しみに拝見させていただいています!
    AR6の時は どうなるかとヒヤヒヤしてましたが、レインストームに代えられてからは装薬も含めて破竹の勢いで狩猟を楽しまれてますね(^^)
     私の方は、相変わらず一人で気軽に出猟出来るエアーオンリーで楽しんでおりますが
    また、笠取の練習会ででも 宜しくお願いいたします!
    jafta川西 改め FX2000

    • spinicker より:

      おひさしぶりです。(・∀・)

      AR6は散々でした。レインにしてからよく獲れるようになりましたが、同じメーカーであそこまで極端に性能が違うとは思ってもいませんでした。不思議な会社です。( ̄∇ ̄;)

      装薬銃と空気銃、両方にそれぞれの楽しみがあって楽しくて仕方ないです。また笠取でお会いした時はよろしくお願いします。m(_ _)m

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑