*

安物の散弾用シェルホルダー(弾差し)がおすすめ級に使いやすかった件

公開日: : 最終更新日:2016/09/21 狩猟関連ツール

シェルホルダー

あれやこれやと考えながら猟装や猟具、またそのパッキングなんかを吟味するのは猟師にとって楽しい作業。

人によって、また同じ人であっても年齢や経験を重ねるごとに少しずつ変化があって、一概に「これが正解!」と言えるものもなく、地味だけど案外重要な要素であったりするものです。

スポンサーリンク

革弾帯12番

僕にとっては散弾用のシェルホルダー(弾差し)の選定も悩みの種のひとつでした。

画像は地元の師匠にもらったもの。年季の入った牛革でかっこいいのですが、なんせ革なので雨や汗の湿気を吸って締まることがあり、そうなるとなかなか弾が抜けず、もうちょっと使い勝手のいいのはないかと探していました。orz

安くて使える12番弾差し

そんなときに某大手通販サイトで見つけたのがこれ。当時たしか1600円。(・∀・)

安くて使える12番弾差し

安さに釣られて買ったこの弾差しがひっさびさに安物としては大当たりなブツでした!

まず収納量。12番の散弾が27発収納できます。一日でそんなに撃つことはないですけどね。20番だとゆるゆるになりそうなのでやめておいた方がよさそう。

安くて使える12番弾差し

材質はネオプレンのようで適度な伸縮性があり、弾が落ちそうで落ちない絶妙なホールド感。取り出しも楽々です。

そして非常に助かるのがこの裏側のファスナーつきポケット! このポケットが裏側に3つ設けられています。

安物はこういったファスナーなんかに安っぽさが出やすいものですが、これは開閉もスムーズでしていい意味で値段不相応。ここに鹿笛に車のキーに単眼鏡におせんにキャラメルと、よく使う細々したものを入れてあります。

安くて使える12番弾差し

そしてベルトのところに大バラシ用のナイフ二本をセット。レミントン使いのくせにブローニング印のナイフですけど。二本セットでそこそこ安く使い勝手もいいのでおk。(^∇^;)ゞ

ナイフは一時期はズボンのベルトにつけていたのですが、ズボンのベルトだと地元の人とかとすれ違う時にまる見えになっている気がして、なんとなく気まずくて。

この弾差しはジャケットの上から腹回りに装着、そのさらに上から猟友会ベストを羽織っているので、このベルトにナイフを装着していると猟友会ベストの下になってぱっと見ではわからないのもメリット。これでも色々と気を遣っているのです。(´・_・`)

あと気になるのは耐久性ですが、今のところはまったく問題なし。といってもまだ1か月ぐらいしか使ってないですけど。

見るからに頑丈、という感じではないですが、1600円はかなりお値打ち感があるので、もう1本買っておこうかな。などと思えるようなシェルホルダーでした!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

モーラナイフ・コンパニオン(ステンレス)

定番猟用ナイフ。ハンター御用達なモーラナイフ・コンパニオンの実力

狩猟をやっていると刃物をいろいろと扱うことになります。当然、僕もあれやこれやと持っています。

記事を読む

国土地理院地図

カモ猟の猟場開拓に!Googlemapより一歩先行く国土地理院地図

ハンターにとって地図は大切なもの。ハンターマップを筆頭に、いろんな地図のお世話になりながら、

記事を読む

箱罠自作

ホームセンターの材料で自作!低コストでできる箱罠の作り方

狩猟といえばおもに銃と罠。網猟をやってる人って周囲にはいなくて、やはり狩猟の方法としてはマイ

記事を読む

S33-4R

これはいいものだ!サイトロンのレティクル可変ドットサイト「S33-4R」

狩猟のなかでも銃猟というジャンルは、大きく分けると二つの要素に分割できるかと思います。それは

記事を読む

京都西陣yoroi

もう猪の牙は恐くない?猟用肌着に防刃・耐刃布『プロテクトクロス』

サクセスプランニング株式会社ウェブサイトより[/caption] 今年は和歌山で1種狩猟者登

記事を読む

パナソニックのウェアラブルカメラA1H

パナソニックの新ウェアラブルカメラHX-A1Hが欲しすぎる件(*゚∀゚)=3

前前モデル HX-A100 狩猟の魅力、醍醐味を伝えるためには、臨場感あふれるダイナミックな動

記事を読む

ざんてつけん

今まで見た中で最高の切れ味。柴田祟行のナイフ。

先日の狩りバカ日誌でシカを解体した時にも感じたことですが、やはりよく切れるナイフがあると獲物

記事を読む

スコープ倍率

狩猟用空気銃にはどれぐらいの倍率のスコープを載せるべきか?

こういった狩猟ブログを運営しているといろいろとメールが届くもので、過去には「空気銃用のスコー

記事を読む

狩猟者必携

禁猟区の詳細確認にも必要。これが「狩猟者必携(別冊)」だ!

狩猟をするにあたって、狩猟可能なエリアを確認できるハンターマップは必須。ということは昨日の「狩猟ヒヤ

記事を読む

狩猟中の足濡れサヨナラ。防水靴下で実現する快適猟師生活

2月15日を過ぎ、猟期は延長戦に入りました。そう遠くないうちに春の野郎がやって来やがりますが

記事を読む

Comment

  1. 槍のナガサKI より:

    高い買い物が「当たり」なのが嬉しいのは当然で、安い買い物でいい品に出会えた時こそ喜びもひとしおですよね(^o^)/

    剣鉈(ナイフ)の話なんですが、音がする為忍び猟をされる方々が嫌う木鞘。
    spinickerさんが今回記事内で書かれたように第三者(農林業者)に刃物の携帯を見られる場合、当方の有害鳥獣駆除活動の経験上いかにもナイフ然とした革シースより農機具の鉈、鎌で見慣れた木鞘の方が圧倒的に印象が柔らかくなり、初見の方との会話の反応も違います。
    パトレイバーのナレーションを借りて言えば「見る者の心理的影響も考慮して~」という所ですね。(笑)
    spinickerさんもいつか有害鳥獣駆除等で農家の方と接される時には、その反応の違いを試されては如何でしょうか?ずっと情報収集もやり易くなるかもですよ?(^_^)

    • spinicker より:

      木鞘はたしかにカタカタ鳴ってなんとかしたいなぁと思ってます。そのうちしとめたシカの革でシース作ろうかとも考えてました。(^∇^;)ゞ

      農林業に従事している人は狩猟に理解がある人がほとんどなのでまだましなのですが、たまにはすれちがいざまに親の敵をみるような目で見てくる人がいてへこみます。そういう人には木鞘であろうが革シースであろうが、ハンターの格好をしている時点でアウトなんだろうなぁ。(´;ω;`)

  2. monndou_n より:

    そのアイテムは、ちょっと前に買おうと思っていた物でした。(とりあえず、実弾には使う予定ではありませんでしたが。)
    Amazonの画像を見る限り、そんな所にファスナーがあるとは知りませんでした。
    購入しなかった理由は、鹿を追い払う為に購入したエアーガン用のマガジンが10個ぐらいしか持っていない為です。
    銃の許可が下りれば、また、購入したいと思います。
    ブローニングのナイフは、結構使い勝手がいいですね。前回、鹿を解体する時に、このセットのみで解体しました。刃渡24㎝の山鉈の出番はありませんでした。
    私は、今の所、道具類は山仕事でも使いたいので、安全帯に、ノコギリ、ナイフセット、山鉈、熊よけスプレー、腰袋を携帯しています。

    • spinicker より:

      似たような製品が2000~3000円ぐらいで売られてる中で、これは1600円の割には案外いい造りでしたよ。(・∀・)

      刃物に関しては、実際に狩猟をやる前は「ハンターってナイフにこだわり持った人ばっかりなんだろうなぁ」と考えていたのですが、実際に自分もハンターになってまわりを見てみると、それほどこだわってない人も多いですね。「安くてガンガン使い倒せるのが一番!」という意見の方が僕のまわりでは優勢です。僕の9寸剣鉈もこのままだといずれ血抜き専用になりそうな予感。( ̄∇ ̄;)

  3. ともぞう より:

    私も見た目は似ていてベルトの色が少し違う 12GA 25発用を使っていますが,ポケットはついてません.新しいのはやはり工夫されていて良いですね.

    • spinicker より:

      山を歩き回っているとなんだかんだ落とす危険性があるのでファスナーつきポケットの存在は助かっています。過去にはよりによってカモフラ柄のケースをつけた携帯を落としたこともあります。。。(^∇^;)ゞ

  4. まさみち より:

    この玉差し私も使ってますが安くて重宝してます。

    • spinicker より:

      たいていの場合安物は開封したらすぐ「ああこれは確かに安そうだw」とわかるものですが、この弾差しはいい意味で期待を裏切られました。1600円だったけど2980円ぐらいの価値はあるとみた!(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑