*

撃つ気になれない、慣れすぎた狩猟鳥

公開日: : 狩猟よもやま話

慣れている鳥

獲物との駆け引きは、狩猟の醍醐味のひとつ。ハンターは獲物の行動パターンを予測、それに己の経験を加味して取るべきアクションを組み立てていきます。

しかし、獲物が目の前でまったく予想もしなかった動きを見せたらどうでしょうか? たとえば、こちらに気づいて近寄ってくるとか。

youtubeでヤマドリのホロ打ちの音源を探していたところ、興味深い動画をいくつか見つけました。人間のすぐ近くでヤマドリが歩き回っている動画です。

あるんですねぇ、こんなことが。( ´ー`) 尾羽の短さであるとか模様の粗さからすると、まだ若い個体みたいです。

調べてみると、動画だけではなく個人ブログ等でも似たようなことを掲載しているものがありました。

旅の風景・花・蝶・食事・鳥撮影の記録 370

ネイチャーフォトグラファー 小城和男のブログ

特に下の方のブログ、本職は弁護士さんだそうですが、ネイチャーフォトグラファーというだけあって、素晴らしい画像がいっぱい! 以下の5枚は同ブログからのものです。

ついていくヤマドリ
慣れているヤマドリ
コシジロヤマドリ
コシジロヤマドリ
コシジロヤマドリ

これはコシジロヤマドリですね! 5枚も持ってくるつもりはなかったのですが、画像があまりにも見事でこの5枚だけは外せませんでした。(^ ^;)
こういう画像を見ると、一眼のデジカメが欲しくなってきます。このボケ具合はコンデジやiPhoneなんかじゃ無理だろうからなぁ。きれいな鳥だなぁヤマドリって。腕もいいんだろうけど。

ヤマドリではないですが、僕も一度、狩猟中にターゲットのアオクビのペアがこちらを発見して近寄ってきたことがありました。妙なもので、こちらに気づいてなお近寄ってくる獲物って・・・撃てないものです。orz

その時はしかも小学校の裏手にある池だったので、子供たちにエサをもらったりしてたんでしょう。こいつらは小学生たちのアイドルみたいなものかもしれんなぁ。。。

・・・と思ったりするとなおさら撃てず、足元でグワグワ言ってるのを見逃して帰ってきました。あんな時、一眼レフがあったら・・・(´・ω・`)

ううむ。貧乏なくせに、考えるほど一眼レフが欲しくなってきた。場合によっては、引き金を引くかわりにシャッターを押す。なんてのも趣味としていいかもしれません。お金さえなんとかなれば。orz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

キジ

動物を獲らない狩猟。「ロケハン」という名のハンティング。

猟期が終わってふぬけになっていた時期もそろそろ終了、来期への意欲がふつふつと湧いてきました。

記事を読む

人間のステルス

動画で見るエクストリーム擬態。これが野生動物のステルス性能。

忍び猟で大物を狙う時に壁になってくることのひとつが、動物の擬態能力。 今では野山に天敵

記事を読む

キジペア

姿を発見しやすい繁殖期。ゴールデンウィークはキジを探しに行こう!

狩猟を始めた頃、メインターゲットがカモであったのは、自前のカモ鍋が食べたかったのが第一ですが

記事を読む

カメラ

猟師予備軍におすすめ。狩猟トレーニング法「カメラハンティング」

こう見えても新規ハンターの世話・勧誘に貢献している…つもりのspinicker。ほぼブログ経

記事を読む

奈良県里山のイノシシマップ

モニタの前でえび満月でも食べながらイノシシの居場所を探る方法

猟師3年目のシーズンも終わりに近づきそれなりに経験も積んできて、カモキジの居場所はだいたいわ

記事を読む

猟師になりたい未成年の君へ

猟師になりたい未成年の君へ。今からやっておくといい、5つのこと。

僕が猟師を志したのは30代半ば。わりあい早い方だとは思いますが、もっと早くに決心する人もいて

記事を読む

クマー

日本史上最悪の獣害「三毛別羆事件」のwikipediaが恐ろしすぎる件

今年の6月に秋田県で4名がツキノワグマに襲われて死亡、その一部が食害されていた。という事件が

記事を読む

まるまると肥えたアオクビ(マガモ)

ベテランでもない若手猟師が1シーズンで23羽の鴨を獲った方法とは?

レインストームを相棒にして1年目、通算でも2年目だった、去年の猟期。11月15日から2月15

記事を読む

筆毛ガモ

鴨臭さの原因、埋没した筆毛を除去する方法

猟期も終盤に入ってくると、『筆毛』の目立つ鴨が多くなってきます。『棒毛』とも言いますね。

記事を読む

山村

これも狩猟の楽しみ。新規開拓予定の猟場へ下見に行ってきた。

好天にめぐまれた日曜日。峠を車で元気いっぱいに走るのが趣味の知人から「猪や鹿をしょっちゅう轢きそうに

記事を読む

Comment

  1. ぴよ より:

    こんなヤマドリが出てきたら絶対撃てません(>_<)
    人に愛嬌を振りまく時点でこちらの負けですから。
    媚びているのとは違うところがいいんでしょうね。

    ぴよも一眼レフ持ってますが、型落ちです。(しかも数年前に買ったので落ちまくり)
    最新のを選ばなければ一眼レフ本体なんてオークション等で結構安く手に入ります。
    恐ろしいのは本体を手に入れてからです。
    始めは付属のズームレンズを使ったりします。
    そのうち「明るいレンズが欲しい」「単焦点が欲しい」「マクロレンズが欲しい」と自分の被写体に応じてレンズが欲しいという「レンズ地獄」に堕ちるのです。
    あぁ、恐ろしや(T_T)
    お気をつけあそばせ。

    • spinicker より:

      「こっちに気づいてるのに逃げない」のを撃つときもちょっと複雑な心境ですが、さらに近寄ってくるやつなんかもう絶対に撃てません。(´・_・`)

      写真で飯を食ってる知人からレンズ地獄の恐ろしさは聞き及んでいます。欲しいけどなぁ、とくに貧乏人がはまると抜け出せない無間地獄なようですね、恐いなあ、でも欲しいなぁ。orz

  2. 藤屋 より:

    昔、四国の荒磯釣りにはカメラを持って行ってました。海の色が違いますし、磯に打ち付ける白波を露出を明けて撮るとプロ風に見えます。時合待ちには良かったです。今はどちらも辞めて空気銃一本ですが。のんびり流し猟にはカメラも良い鴨?

    • spinicker より:

      写真に詳しい知人いわく「写真は光(ライティング)」だそうですが、それ以前にそいつと僕では構図からしてもう天地の差があるんですよね。そいつの撮る写真はiPhoneなんかでさっと撮ったやつでもなんかかっこいい。一眼を買う前にもっと腕を磨いた方がいいのはわかってるんですが・・・orz

  3. mimimi より:

     「考えるほど一眼レフが欲しくなってきた」ですか?一眼ならあるぢゃないですか。レティクルの刻まれた一眼が。。。
     
     私はもともと狩猟反対派なのですが、そういう感情って大事だと思います。次の機会には感謝しながら美味しく頂きましょう!

    • spinicker より:

      写真と銃猟は似ているそうです。写真撮影のことも「ショット」とか言うし、引き金を引く瞬間とシャッターを切る瞬間も言われてみれば似てる気がするし、なんとなく納得しました。ファインダーをのぞきながらシャッターを押すか、スコープをのぞきながらトリガーを引くか、ですね。(・∀・)

  4. つければうくぞう より:

    今までずっとフイルムの一眼レフを使っていたのですが、先日とうとうデジタル一眼レフを購入しました。 カメラ好きな人がお勧めしてくれた、オリンパスE-M5 Mark2です。 ミラーレスなのでコンパクトで軽量です。 防滴・防塵なのも魅力的ですよ。 価格もお手頃ですが、決して安くは無いです。 「子供の運動会の姿を撮る!」と、いう名目で買ったのですが、なぜか野鳥の写真の枚数が上回っております(爆)

    • spinicker より:

      デジカメは便利ですよね、モニタで見るだけなら用紙も現像代もいらないし!
      一眼も欲しいといえば欲しいのですが、先立つものがないのと、思うような写真が撮れなくてほこりかぶってしまうような気がして二の足を踏んでいます。( ̄∇ ̄;)ゞ
      防塵防滴の一眼レフまで出てるとは、技術の進歩はすごいですね。(゚o゚)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑