現役ハンターが抱いた狩猟ドラマ「狩猟雪姫」への感想(ラスト以外のネタバレあり)

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 狩猟よもやま話

中西雪

番組オフィシャルサイトより

1回目の放映から1週間ちょっと経ちました。一度、狩猟ドラマ「狩猟雪姫」の感想を取り上げてみましょうかね。

狩猟ドラマってどんなもんかな、と楽しみにしてはいたんですけど、なんというか、うーん。消化不良気味な感じでしたね、自分的には。扱うテーマがテーマだけに難しいところもあったんでしょうけど。(;-_-)

はめ込み合成みたいな狩猟シーンは違和感たっぷりでしたが、撮影だからって実銃で実弾ぶっぱなすわけにはいかないだろうし、鹿にスラッグ弾くらわすわけにももちろんいかないだろうし。仕方ないのか。

「命」をテーマに持ってきたのはなんとなくわかるんですが、なんか、見せ方ですかね。やっぱりドラマだったな、と。狩猟の占めるウェイトも少なくはないんだけど、根っこの所はやっぱり人間ドラマでしたね、良くも悪くも。

普段ドラマなんか見ない人間なのでドラマ成分は評価しにくいですねぇ。それも、現役の猟師をターゲットに作ったものでもないだろうし。

狩猟雪姫

関西テレビwebサイトより

なので、狩猟成分についての意見を。

鹿の巻き狩りに関する要素はだいたい入ってましたね。その副作用で展開がいそがしくなったように思いますが。90分の尺で一発勝負するよりは、普通のドラマのように何週か連続でやるともっと掘り下げれたんだろうと思います。

で、絵面にして見ると、ハンター集団に若い女性が一人。ってのはなんか変な感じですね。脇役のベテラン猟師役のおっさんたちがいい味を出していて本物の猟師っぽかっただけに、特にw

スポンサーリンク

雪が最初の面通しで、おっさんに「おもしろ半分でやるんやったらお断りやで」と言われてましたが、確かに。共感できます。むさ苦しい集団が華やぐのはいいけど、それ以上にデメリットがでかそうだ。男であろうが女であろうがチャラいのに入られると。

あと、評価できるというか感心したのは、鹿の解体シーンをしっかり取り込んでて、しかも本物の鹿の枝肉を一頭丸々使ってたところ。ハンターからすれば「獲物」であっても、そうでない人からすると「かわいいかわいい動物たちの死骸」。ひとつ間違えば「かわいそう、グロい!」とかって苦情が来るような場面だったろうに、あれはちょっと感心した。

シカ解体中

実猟風景。クリックでモザイクなし画像

全体的には、いろんな制約の中でやるにはこんなものなのかな。ってところですが、1ヶ所だけ、雪のセリフというか地の文に、実にハンターの心情をよく表しているなぁと思ったところがありました。確かこんな感じでした。

『狩猟を頭で考えすぎ、言葉にすると屁理屈になる―』

まさにその通り。食べるために命を奪う。ただそれだけのことを美化したり見失ったり言い繕ったりするからおかしくなって結果敬遠されてきた、というのも狩猟の一面だと思います。

が、最近その流れもちょっと変わってきたように感じます。こんなドラマが制作されたのもそんな流れのひとつ。もっと理解が深まって、狩猟人口の増加につながればいいなと思っています。

しかし・・・。ラストがああなったってことは、雪が26才だとすると、日猟会報の最後の「共済だより」に『26才・経験1年・山中にて○○』と掲載されるんですかね。目立つだろうなぁ。( ´ー`)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2014第一回猟場見回り01

猟期まであと少し、今シーズン1回目の猟場見回りに行ってきました!

なんだかんだ言ってるうちに、もうあと1ヶ月ですね! 早いものです。光陰矢のごとし。昔の人

記事を読む

ちくしょう!

空気銃から始めた5年目猟師の後悔。最初っから○○にしとけば…orz

先猟期で4年目のシーズンを大過なく終えることができ、次はハンター5年目のシーズンとなります。

記事を読む

人間のステルス

動画で見るエクストリーム擬態。これが野生動物のステルス性能。

忍び猟で大物を狙う時に壁になってくることのひとつが、動物の擬態能力。 今では野山に天敵

記事を読む

奈良県里山のイノシシマップ

モニタの前でえび満月でも食べながらイノシシの居場所を探る方法

猟師3年目のシーズンも終わりに近づきそれなりに経験も積んできて、カモキジの居場所はだいたいわ

記事を読む

巻き狩り時には要注意?「犬を追うシカ」の真相はこれだ!

猟犬が獲物を追う。追われた獲物が獣道を走って逃げ、その逃げ道を把握している猟師が待ち伏せて撃

記事を読む

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

猟師の楽しみのひとつ、新規の猟場開拓。このブログでも過去に何度か取り上げています。

記事を読む

apemanの安物トレイルカメラを獣道に仕掛けてみた結果。

正解?不正解?見た・聞いた・思った「シカの生態」

奈良県はシカのメッカみたいなとこで、当地での単独忍び猟の主な獲物はやはりシカになります。シシ

記事を読む

林業用アシストスーツ

狩猟にもOK?山中の歩行を支援する”林業用アシストスーツ”実用化へ

狩猟のなかでも、銃猟といえば空気銃猟と装薬銃猟に分けることができます。どっちが上だとか下だと

記事を読む

カルガモ親子4

カルガモ子育て中!

散歩中のこと。 ハンターの習性とは悲しいもので、たとえそれがただの散歩だとしても、池の傍にくると水

記事を読む

狩りバカ日誌2015年1月1日(マガモ猟)

鴨の流し猟は本当に朝イチがベストなのか?もう一度考えてみた。

ハンターには”以前に(または今でも)釣りをやっていたことがある”という人が多い様子。その影響

記事を読む

Comment

  1. みみみ より:

    この番組の存在自体しりませでしたが、つまり死ぬんですね!

    • spinicker より:

      さて…それはどうでしょうかね! ( ̄▽ ̄)

      この狩猟雪姫、丹波地方を舞台としたドラマでして、今のところ放送は関西地方のみのようですが、いずれ関西以外でも放送があるんじゃないかと。その時にご確認下さい! ^ ^

  2. しじみ より:

    いやーしかしあれは正直ひどいドラマでしたね…
    あれじゃ狩猟に対してむしろネガティブなイメージを植え付けるようにしか思えないですが…あまりにひどいので途中で観るのやめましたよ。
    私は山賊ダイアリーのほうがはるかに面白いと感じましたね。

    • spinicker より:

      僕も「狩猟ドラマに色恋とかいるのか。。。」なんて思ったりしましたが、きょうびそういったものも盛り込まないと率が取れないのかもしれませんね・・・。「狩猟ドラマ」というよりは「狩猟が登場する人間ドラマ」でしたね、よくも悪くも。

      山賊ダイアリーはハンター必携ですね。僕も全巻揃えてます! ^ ^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑