海の幸山の幸川の幸

公開日: : 暮らしよもやま話

川

「海の幸」とか「山の幸」、「山海の珍味」なんて言葉があります。でも「川の幸」「池の幸」なんて言葉はないですね、日本には。

広義的には「山の幸」カテゴリに入ってるんだろうな、というのは感覚的に理解できるのですが、同時になんか変な気もします。川や池が山にあるとは限らんじゃないか!

あと、日本人はあんまり川魚を食べてこなかった。というのもあるんでしょうね。

僕はハンターであると同時に釣り人でもあります。春秋はエギングでイカ、夏は紀州釣りでチヌを狙ってます。以前は冬場にカレイなんかも釣りに行ってましたが、今はもう行ってません。猟期とおもいっきりかぶってますからね!

釣りも基本的に「食べるため」にやってることなんで、今までは海メインでした。が、今日のYahoo!ニュースにこんな記事が出ていました。

目からウロコ…未利用魚を食材に 琵琶湖のライギョやニゴイ

守山市の赤野井湾を漁場とする玉津小津漁協は、東アジア原産の外来魚、ライギョを売り出している。ブラックバスやブルーギルより前から琵琶湖におり、淡泊な白身で約40年前までは同市でも食されていた。しかし、生で食べられないことや食生活の変化で、ほとんど食べられなくなった―

東南アジアの方で海から遠い地域ではよく川魚が市場なんかで売られてたのを思い出しました。

雷魚塩焼き in ノンカイ

これはメコン川のほとりにある、タイのノンカイという町の食堂の様子。ライギョの塩焼きがごろごろしてます! その後ろはテナガエビの素揚げです。うまいんですよねライギョ! あとナマズもだいたいおいしかった記憶があります。

同じ鹿猟隊のメンバーにはブラックバスを食べたことのある方もいて、皮さえ取り除けば普通に食べられるそうです。ハンターってこんな人間ばっかりですね。人のこと言えませんが。( ̄∇ ̄*)ゞ

こんな記事とか話を見聞きしていると、食べたことのない川魚の味が気になってきました。

そういえば、猟場のすぐ近くにはとても水のきれいな渓流が流れています。アマゴやイワナがいるそうです、地元の人によると。

・・・これを釣らない手はないぞ。釣りが終わったらちょっと山にも入れば、猟場の見回りにもなるし! 釣ったその場で火をおこして塩焼き、なんかもいいですねぇ。

ということで、猟期が終わったら渓流釣りを始めたいと思います! 今ある釣り道具を流用すれば初期投資も抑えられそうだな、問題は入漁料か・・・。まぁ、なんとか工面します!

このサイトに山の幸、海の幸に加えて「川の幸」が登場する日が来るかも!(来るとは言っていない)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ハンター川柳

僕も入賞しました。株式会社ハイク主催、ハンターあるある川柳大会!

「狩猟」「狩り」といった単語をぼちぼち見聞きするようになった第一次狩猟ブーム(と、僕が勝手に

記事を読む

海外へ

とにかく安く海外旅行?ならKAYAKで行き先を決めよう!

狩猟にどっぷりはまる前の一番の趣味といえば「旅」だったかもしれません。飛行機のチケットだけ買

記事を読む

一目瞭然な「ブラック企業マップ」で田舎暮らしの転職をスムーズに!

一目瞭然な「ブラック企業マップ」で田舎暮らしの転職をスムーズに!

狩猟にドはまりした結果、よりよい狩猟環境を求めて田舎暮らし・移住を画策しているハンター諸氏も

記事を読む

ビール

鹿ジャーキーも!ドライフードを自作できる家電、ジャーキーメーカー

ジビエの楽しみ方はいろいろ。当地の大物猟ではシカが多いので、僕の場合は竜田揚げとか低温調理で

記事を読む

かぶと虫たち

いずれは子供と共に狩猟を―。自然好きへの一歩はいい体験といい図鑑!

30代半ばにしてハンターになった自分は昔、どんな子供だったかと思い返してみると、やはり自然大

記事を読む

火縄銃

意外な歴史の事実。江戸時代の農民は武士より多く鉄砲を持っていた!?

自分自身が銃猟をするようになり、また狩猟に関するブログなど開設していると、銃の所持にまつわる

記事を読む

sausageparty

絶望的な運命を悟った食料たちの大冒険!R17指定のCGアニメ映画「Sausage Party」

画像はgigazine.netより[/caption] 前回のブログで 言ってしま

記事を読む

服+扇風機=涼しい。猛暑日の熱中症対策に「空調服」という選択。

服+扇風機=涼。猛暑・熱中症対策に着る扇風機「空調服」という選択

連日、「命に関わる」とまで言われている猛暑が続いています。岐阜やさいたまの39℃とか40℃と

記事を読む

揺れやすい地盤

あなたの街は大丈夫?地盤の揺れやすさを調べられるサイトはこちら

熊本の地震から一週間あまり。現地はまだまだ混乱しているよう。南河内は地震が少なく、僕などは震

記事を読む

侍箸

腹が減っては戦はできぬ!日本男児の食卓に一膳「侍箸」!

普段はあまり意識することのない食器、箸。僕は昔、箸という道具は日本独自のものだと思っていまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑