鹿ジャーキーも!ドライフードを自作できる家電、ジャーキーメーカー

公開日: : 最終更新日:2018/07/01 暮らしよもやま話

ビール

ジビエの楽しみ方はいろいろ。当地の大物猟ではシカが多いので、僕の場合は竜田揚げとか低温調理でじっくり火を通して甘酸っぱいソースでとかって形が多いかな。

どっちの場合であっても、文明の利器の力を借りています。竜田揚げなら電気フライヤー、低温調理にはヨーグルトメーカー。どちらも失敗を大いに低減させてくれました。特にフライヤーは衣のはがれがほぼゼロになってものすごく助かっています。

シカ肉といえば、ジャーキーを作る人もいるようです。

ただ、僕は今のところ挑戦したことはありません。作り方を聞いた記憶はあるんだけど、なんかどうも難しいというか、面倒というか。それが原因で敬遠してきました。

しかし! 今回紹介する文明の利器があれば、もうジャーキー作りの面倒さからは開放されるかもしれません!(・∀・)

スポンサーリンク

それがこのドライフードメーカー。科学の力でお手軽にジャーキーを製作してくれるお利口さん!

ドライフルーツや干物などが手軽に作れます。 温風で果物や野菜などを乾燥し、 保存食が簡単に作ることが出来る調理家電です。
話題のローフード 35℃〜70℃の範囲で温度設定が可能。 低めの温度に設定すれば、加熱よって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取できるローフードを作ることができます。

とのことなので、加熱殺菌も問題なさそうですね。1時間単位で最長12時間まで設定できるタイマー、終了を知らせてくれるアラームもついているというレビューもあります。いたれりつくせり!

ジャーキーもありがたいんだけど、僕はトロピカルフルーツを乾燥させたドライフルーツが好きでして。でも買うと高いし、やたら量が少ない…。(´・ω・`)

けどこれがあれば、ドライフルーツだって作り放題。魚の干物だってお手軽に自作できてしまいます。猟をする人にも釣りをする人にも、どっちもする人にはさらにうれしい!(・∀・)

上のような廉価版がベストバイな方もあれば、財布が重くて重くてお金の使い道に困っているリッチメンな方もおありでしょう。( ゚Д゚)ケッ

そんな方にはこういう高価版を買ってジャーキー作りまくり食べまくりビールグビグビで太り散らかす呪いをかけておきました。覚悟しておいてください。(・∀・)

僕などは料理は嫌いじゃないけど上手でもないので、こういった便利な道具のない頃であれば、今ほど豊かなジビエライフは送れていなかったことでしょう。現に鹿の竜田揚げを鍋で作っていた頃には衣ボロボロだったし。orz

しかし幸いなことに、現代は腕を道具でカバーできる時代。

せっかく自分で獲ってきたジビエ。こういった素敵グッズの力も借りて、おいしく食べて、また次の猟に出る活力に変えていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

野生動物の意外性というものは、どちらかというと彼らとの接触の多い我々のようなハンターをも仰天

記事を読む

G

Gよさらば! 格安で効果抜群のゴキブリ対策

大学生の頃、ゴキ○リに足の指をかまれたことがあります。こんばんは、spinickerです。

記事を読む

パナソニック製真空パック機「BH-951P」

真空パック袋(小)の収納力。と、割とうまくいく真空パックの仕方。

ハンター必須と言っていいかもしれない、真空パックグッズ。獲物の肉の長期保存にこれがあるとない

記事を読む

山奥で鹿の解体作業

あなたは獲物をばらせますか?屠殺解体に正面から向き合った書籍5点

画像クリックでモザイクなし画像[/caption] 狩猟に興味を持ったとしてもなかなか最初の

記事を読む

sausageparty

絶望的な運命を悟った食料たちの大冒険!R17指定のCGアニメ映画「Sausage Party」

画像はgigazine.netより[/caption] 前回のブログで 言ってしま

記事を読む

どくろ

マムシやハブ以上の毒性。日本の無名陸生毒蛇「ヒャン」はこちら。

近年は温暖化が進んでいるということもあって、ヘビ類も猟期の最初の方にはまだ冬眠していないこと

記事を読む

手書き文字

字が汚い人の救世主。こちらが代わりに「手書き」してくれる機械です!

機械化・IT化が進んだおかげで手書きで文字を書く機会は減った。といっても、役所などではまだま

記事を読む

ホネサミ2014その1

骨を制する者は肉をも制す。ホネホネサミット2014に行ってきました。

骨を制する者は肉をも制す! という格言がある。・・・かどうかはわかりませんが(おそらくない)、猟師た

記事を読む

狂鹿病

日本に来ませんように…。鹿がゾンビになる奇病「狂鹿病(CWD)」米で蔓延

先ほどひりぴん旅から帰国したspinickerです。真冬の日本から常夏の国への旅は余計な荷物

記事を読む

空き巣

自衛官の空き巣事件から考える、猟銃所持者の防犯・セキュリティ

本日付の時事通信でこういった記事がありました。 「自衛官を空き巣容疑再逮捕=被害50件

記事を読む

Comment

  1. フォレスト より:

    私の場合はジャーキーは猟期中の寒い冬に作ります。
    まずは焼き肉サイズの大きさ厚みにスライスして塩コショウを振りかけて、ネットに入れて冬の冷たく乾燥した雨のかからないベランダに一週間干しておけば完成です。
    雄の成獣でも獣臭さが無くなり、軽く炙ってから食べると美味です。ビールにとても合うので夏まで残しておけばいいのですが旨いのでチョコチョコ摘まんでしま
    い、
    春には食べ尽くしてしまいます。
    この自然乾燥方法は寒い冬にしか出来ないので暖かくなったら乾燥機か燻製で作らないと天日干しでは腹痛覚悟でチャレンジしなくてはならないと思います。

    • spinicker より:

      ありゃ。そんなにシンプルでしたっけ。僕の記憶にはもうちょっと手間のかかる工程がインプットされてるんですけど、他の人から聞いたのと混ざったのかな。
      その方法でしたら、冬であれば特に難しいことはなさそうですね。でもこのマシーンがあれば夏場でも問題なさそうだし、よかったらぜひ!(・∀・)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑