夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

公開日: : 猟具・猟装

狩りバカ日誌 2018年12月23日(散弾銃・巻き狩り)

昨年12月23日のグループ猟。午後の部での射獲が遅くなり、解体を終えて下山する時には日没を過ぎていたことがありました。

もちろんそういった事態への備えはあります。荷物の中にはヘッドランプを入れてはいました。

GENTOS(ジェントス) リゲルヘッドライト 【明るさ45ルーメン/実用点灯8時間】

以前、セミの幼虫を食べてみようと思い立った際、捜索用に買ったこいつです。

関連記事:おいしいと噂のセミの幼虫を素揚げにして食べてみた結果。

セミ幼虫の探索には使えましたが、それは街中の遊歩道での話。陽がとっぷり暮れて、登山道すらない、獣道程度の移動経路しかない深山ではまともに使えたものではありませんでした。何度足を踏み外しかけたことか。

このライト、商品説明では明るさ45ルーメンとのこと。
45という数字が大きいのか小さいのかはわからないながらも、明るさ不足であることは明らか。

狩りバカ日誌 2018年12月23日(散弾銃・巻き狩り)

その点、猟友のライトは明るさバッチリ。彼らのおかげで帰ってこれたようなものです(上の画像は複数人のライトが集まってるので、実際の一人分よりは明るいです)。

あれぐらいでないと用をなさないな。買い換えないと、備えが備えとして機能しないってことになる。明るいヘッドランプ買おう。(´・ω・`)

スポンサーリンク

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

いかにも強力そうなこいつをチョイスしました。ライトが5つもついています。
ルーメン数は10000ということになっています。45→10000。鵜呑みにはしにくい数字だけど、まぁ強力であるのは違いなさそう。

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

電源もそのへんの乾電池より強力な、18650電池と言われる充電式リチウムイオンバッテリー。これを二本使用します。

そのぶん設備も大がかり。投光部とバッテリーが別体型になっていて、赤〇のところに収納したバッテリーを前のライトへコードで接続しています。結構重いですね。気になるってほどでもありませんが。

さて、実力のほどはいかに?

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

比較対象として、まずは以前の45ルーメンのもので足元を照らしてみました。しょぼいです。(´・ω・`)

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

足元などは距離が近いのでまだましに見えますが、数m先の法面を照らしてみると…暗っ!

ううむ。以前はこれで夜の山中を歩こうとしてたのか。今から思っても無謀だな…(; ・`д・´)

では今度は新調したライトをチェックしてみます。

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

さすがに明るい! 範囲も広い! やっぱりこうでないと。(・∀・)

さらに数m先を照らすと…

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

おおっ、すごい! これならかなり夜の山中でも不安は解消されます。

もちろん明るければ明るいほどいいんだけど、あまり光量だけを求めると、それに伴って各部品の大型化・複雑化も避けられないだろうし、この辺りがバランス取れてるんでしょうね。

夜の山中で不足を感じたのでヘッドライトを新調したら助かった話。

比較してみると一目瞭然。ハンターやるならこれぐらいのものは持ってたほうがいいな。

ちなみに投光モードはいくつかあって、上の画像では中央の一つだけ点灯させています。でも不思議なことに、五つ全部点灯させても一つだけでも、明るさがそれほど変わらんのですよね。(; ・`д・´)

バッテリーの持ちを考えると一灯で運用するのがよさそう。

いくら明るくてもすぐバッテリー切れするようでは困りますが、満充電からだととりあえず3時間は光量が変わることもなく点灯し続けていました。3時間使えれば十分なのでそこで打ち切りました。

真っ暗な山中、猟装のまま歩こうと思えば、明るいライトはやはり必須。常に暗くなる前に戻れればいいけど、猟場では何があるかわかりません。

転ばぬ先の杖として、明るいライトを装備の中に忍ばせておくのはいい判断だと言えるでしょう。(・∀・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ハンターのナイフたち。今持っている狩猟用のナイフを紹介します。

ハンターのナイフたち。いろいろ買い足した狩猟用ナイフを紹介します。

僕の狩猟用ナイフ。同じような内容の記事は以前にも掲載したんですけど、 関連記事:狩

記事を読む

京都西陣yoroi

もう猪の牙は恐くない?猟用肌着に防刃・耐刃布『プロテクトクロス』

サクセスプランニング株式会社ウェブサイトより[/caption] 今年は和歌山で1種狩猟者登

記事を読む

deerhunter2005-00

鹿猟の予習にいかが? フリー狩猟ゲーム「DEER HUNTER 2005」

猟銃(散弾銃)の射撃教習を申請中ですが、貧乏だとはいえ僕はいい子にして暮らしてきたので、

記事を読む

空気銃用ペレットのマッシュルーミング01

狩猟用空気銃ペレットのマッシュルーミング(潰れ方)と鉛の特性

2014年12月14日の狩りバカ日誌で捕獲した美肌カルガモ。ペレットが貫通した形跡がないので

記事を読む

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

モーラナイフ比較。コンパニオンと廉価版BASIC511をテストしてみた

狩猟のマストアイテム、ナイフ。ピンからキリまでありますが、僕の持ってるのは数千円の普及品ばかりです。

記事を読む

seeallopensight

詳報に期待!新しいタイプの光学サイト「See All Open Sight 」

スコープがいいのか、ホロサイトか、はたまたドットサイトか。 前シーズン、鹿に射掛けては

記事を読む

ベアトゥースコムライジングキット

M870の頬づけ調整にベアトゥースのコムライジングキットを試してみた

ドットサイトSD-33を装着したのはいいのですが、そのぶん頬づけの位置も高くなってしまい、改善の必要

記事を読む

里山

空気銃猟時の猟装はこれ?「里山迷彩」という考え方。

当地の空気銃流し猟の環境はおもに里山。車でため池7割、河川3割ぐらいの水場を回ってカモを探し

記事を読む

カモキャッチャー改良

カモキャッチャーにサビキ浮きをプラス!さらに進化した件。

最近、しとめたカモの回収は8割以上が超ロングタモ網によるもの。 当地の水場はあまり広く

記事を読む

パナソニックのウェアラブルカメラA1H

パナソニックの新ウェアラブルカメラHX-A1Hが欲しすぎる件(*゚∀゚)=3

前前モデル HX-A100 狩猟の魅力、醍醐味を伝えるためには、臨場感あふれるダイナミックな動

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑