大阪と大阪近辺の銃砲店情報を、(あまり知らないけど)ちょっとだけ書いてみる。

公開日: : 最終更新日:2016/10/17 狩猟よもやま話

猟友おおさか

大阪府猟友会に入会すると、年に一度こういった冊子をもらえます(同時に「日猟会報」という冊子ももらえますが、こちらは別の機会に)。他府県には他府県のこういったものがあるのでしょうね。

造りも質素な飾りっ気のない冊子ですが、僕は案外これをもらえるのを毎年楽しみにしてまして、内容もなかなかに興味深い。

掲載されている情報はやはり猟師にとって有用なものが多いですが、なかには「こういった情報こそ狩猟に興味がある猟師予備軍時代に知っておきたかったなぁ」ってのもあります。

スポンサーリンク

そのうちのひとつが銃砲店の情報でした、僕の場合。銃砲店の情報をもっと早い段階で知っていたなら、実際に店舗へ行って店主さんに話を聞けたりしたのになぁ、と。

銃を扱う人はある程度の年齢だってことが多いせいかネットでもそれほど情報が出てこないし、そもそもサイト自体持ってない銃砲店も多かったり、もう廃業した銃砲店なんかもあったり。

そこで登場するのが「猟友おおさか」です! この裏表紙には大阪の銃・狩猟関連企業の宣伝が載ってます。最新の猟友おおさかに掲載されてるわけだからまずまちがいなく現在も活動してる会社だってのも助かります。

大阪の銃砲店・射撃場

名称や住所、電話番号がわかるようにちょっと大きめの画像をあげてみました。お近くにお住まいで狩猟・射撃に興味のある方は一度たずねてみてもいいかもしれません。

昔にくらべて競技人口が減ってきたせいか、経費のかかる実店舗を持たずに自宅で営業している銃砲店もあるようです。話には聞いていましたが、Googlemapで住所を打ち込んでストリートビューで見てみるとびっくりしますw

※ウェブサイトが閉鎖されていた堀尾銃砲火薬店はこちらでブログが再開されています!よかったよかった。(・∀・)

むかしむかしの安土桃山時代? なんかの堺は鉄砲の製造で栄えたそうですが、現在の大阪は「鉄砲不毛の地」ですね。とくに大阪で空気銃にあかるい銃砲店となると、僕は心当たりがありません。(´・ω・`)

ちょっと枠を広げて近畿に目を向けてみると・・・京都の小林銃砲火薬店は空気銃にも力を入れているようです。

京都には笠取国際射撃場という、空気銃専用の立派な50m射場をそなえた射撃場がありますが、ここへ水曜と土曜に出張販売に来ているのが小林さん。空気銃初心者にはその場で技術指導なんかもしてくれたりで、僕もお世話になりました。m(_ _)m

・・・なんか物知りみたいに言ってますが、所持歴の浅い僕は知識も同様に浅いです。行きつけの銃砲店ってのもないしなぁ。いい機会だから僕もちょっと探してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

鹿師匠

師匠と歩く猟場―忍び猟(おもに鹿)のコツを聞いてきた。

たまにサイトアドレス宛てにメールをいただくことがあるのですが、なかには 「教えてくれる

記事を読む

ヒヨドリ

混獲注意!おいしいおいしいヒヨドリと間違えそうな鳥たち

wikipediaより[/caption] 例年、1~2月にはヒヨドリを専門に狙う日を少なく

記事を読む

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

猟師の楽しみのひとつ、新規の猟場開拓。このブログでも過去に何度か取り上げています。

記事を読む

白神山地

ハンターも興味津々。マタギと歩く白神マタギ舎のエコツアー

(TOP画像はwikipediaより、以下の画像は白神マタギ舎ウェブサイトより) 僕は

記事を読む

筆毛ガモ

鴨臭さの原因、埋没した筆毛を除去する方法

猟期も終盤に入ってくると、『筆毛』の目立つ鴨が多くなってきます。『棒毛』とも言いますね。

記事を読む

6粒9粒

バックショット(大粒散弾)禁止?日本猟用資材工業会の見解はこちら

銃猟をやっている人であればこれまでにも耳にしていたであろう、バックショットの使用制限に関する

記事を読む

キジペア

姿を発見しやすい繁殖期。ゴールデンウィークはキジを探しに行こう!

狩猟を始めた頃、メインターゲットがカモであったのは、自前のカモ鍋が食べたかったのが第一ですが

記事を読む

林業用アシストスーツ

狩猟にもOK?山中の歩行を支援する”林業用アシストスーツ”実用化へ

狩猟のなかでも、銃猟といえば空気銃猟と装薬銃猟に分けることができます。どっちが上だとか下だと

記事を読む

yeah!

次の猟期が待ちきれない人に送る、ちょっと早く解禁を迎える方法

もう言ってる間にお盆ですね。お盆といえばうちの支部では狩猟者登録申請の時期です! なんだかん

記事を読む

まるまると肥えたアオクビ(マガモ)

ベテランでもない若手猟師が1シーズンで23羽の鴨を獲った方法とは?

レインストームを相棒にして1年目、通算でも2年目だった、去年の猟期。11月15日から2月15

記事を読む

Comment

  1. wanshooter より:

    はじめまして。
    仕事柄、全国を飛び回るのでホテル近くの銃砲店を訪ねるのを楽しみとしています。
    ちょっと変わった空気銃弾を見つけられれば言うことなしで、使い古しをタダで貰ったりします。
    徒歩10分圏内に見つけたので歩いて行くと住所地にあったのは普通の住宅。
    軽の四駆と犬小屋があったので狩猟をされているのは想像できましたがさすがに普通のお宅が銃砲店である訳が無いと周囲をぐるりと一周しようとしましたが裏は線路でした。
    残念!

    • spinicker より:

      はじめまして! (・∀・)

      そういった趣味があれば出張ついでに楽しめそうですね。

      他の都道府県では知りませんが、大阪では一見すると普通の住居、という建物が銃砲店だったりします。「ぱっと見で銃がある場所だとわかりにくいように」という指導があるそうで。
      僕は姫路の銃砲店でM870を購入したのですが、店主さんが同じようなことを言っていたので、これは兵庫でも同様かもしれません。次回はトライされてみては? ^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑