日本全国どこにでもいます!この時期「やけど虫」にご注意!

公開日: : 最終更新日:2016/10/20 暮らしよもやま話

ハンターが気をつけるべき虫はいくつかあります。

コガネグモとかジョロウグモとかナガコガネグモとか・・・・は、僕が個人的に超苦手なだけであって触っても実害と呼べるほどものはない(僕は姿を見ただけで取り乱しますが)のでこれはおいておくとして、やはり一番はダニ類でしょうかね。

あと、ハンターであってもなくても、この時期に被害を受けそうな虫がいます。しかもけっこうきつめの被害。それが「アオバアリガタハネカクシ」です。

やけど虫

wikipediaより

僕は過去に今ぐらいの時期、梅雨の中頃~終わり頃に、覚えのない場所に覚えのないやけどの水ぶくれができて「???」となったことが二度ほどあります。

まったく心当たりがなくて、でもかなり大きな水ぶくれができてヒリヒリして「なんじゃこりゃあああああ!!!!」と叫びたくなりましたが、ついさっき正体が判明したのが上記のアオバアリガタハネカクシ、通称「やけど虫」でした。

この7㎜前後の小さな虫は、蚊のように積極的に攻撃しにくるわけではなく、田んぼや池といった生息地の脇に自販機などの光源があればそのまわりで機嫌よく飛び回ってるだけの、特にこれといって人間と関わり合いのない虫。

ですが、自転車やバイクなんかで走っている最中にこの虫が顔にぺっ! と張りついて、そいつを取り除くときにはずみでぷちっ。と潰してしまったりしたらご愁傷様。orz

ペデリンという毒液が含まれたこの虫の体液が皮膚の薄いところに付着すると、一見してやけどと見分けがつかないような水ぶくれ&ヒリヒリが数時間後に発生します。

僕の場合はこれよりまだましでしたが、やはり同じようになりました。

スポンサーリンク

実際にやられた当時の僕の認識としては

『やけどなんかした覚えないのに、原チャリでバイト先から帰ってきてしばらくしたら急に水ぶくれが! Σ(゚д゚;)』

でして、なんか妙な病気にでもかかったのか、と不安になった覚えがあります。

この毒は目に入ると失明のおそれもあるとのことで、小さいお子さんのいるご家庭では「虫を潰したりしないように」という注意が必要かと。

マムシはそうどこにでもいるわけではないですが、この虫は夏場になればそこらへんに普通に飛んでいます。考え方によってはマムシより厄介な生き物です。

昔、わけもわからず発生した水ぶくれの正体がついさっき判明してスッキリしました。カバキコマチグモもそうですが、日本には案外一般的ではない毒虫が存在しています、ご注意を! (`・ω・´)ゞ

参考記事:【注意】 全国で「やけど虫」による被害が続出!! 「見つけたら決して触れないように」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

yeah!

寝起きの咳、痰を解消!息が切れても体は動く!禁煙外来ノススメ

かつて僕は喫煙者でした。 かつて、といってもそう古い話ではなく、猟師になる直前、4年か

記事を読む

伊賀市の効果的な獣害対策

サル・シカ・イノシシなど。効果的な獣害対策を伊賀の里から学ぶ。

狩猟三昧の生活にあこがれるspinickerが、この盆休みにクロスカブで移住候補地の三重県伊

記事を読む

除夜の鐘

意外な気づきも。格言カレンダーで糺したい己の2017年。

まがいなりにもブログという文章をメインにした表現法をたしなんでいるせいか、ことわざや格言に魅

記事を読む

実録・ハンターの趣味!日曜猟師は他にどんな趣味を持ってるのか?

地域とターゲットによって多少の前後はあれど、猟期の開始(11月15日)まで三ヶ月を切りました

記事を読む

パナソニック製真空パック機「BH-951P」

真空パック袋(小)の収納力。と、割とうまくいく真空パックの仕方。

ハンター必須と言っていいかもしれない、真空パックグッズ。獲物の肉の長期保存にこれがあるとない

記事を読む

コブラ

それはまぎれもなくヤツさ。あのアニメの実写映画化、潰れてなかった!

世代世代で心のなかのヒーロー像ってちょっとずつ違うんだろうと思います。古くは月光仮面とか鞍馬

記事を読む

ビッグゲーム

動物浪漫。古今東西のでかい動物が登場するサイト「巨大動物図鑑」

以前にもどこかで言ったような気がしますが、たしかに我々ハンターは動物を殺めてます。けどそれを

記事を読む

老若男女

実録・ハンターの職業!日曜猟師は普段どんな仕事をしているのか?

現状、日本にはそれのみで生計を立てているという、いわゆる「専業猟師」と言われる人はほぼいない

記事を読む

大阪の地震から防災にも狩猟サバイバルにも使えそうなグッズを考える

先日の大阪の地震は本当に肝が冷えました。震度6ってオイ。(((( ;゚Д゚)))) 我

記事を読む

どくろ

マムシやハブ以上の毒性。日本最強の陸生毒蛇「ヒャン」はこちら。

近年は温暖化が進んでいるということもあって、ヘビ類も猟期の最初の方にはまだ冬眠していないこと

記事を読む

Comment

  1. mimimi より:

     ありがとうございます。そんな症状も、そんな虫も、初めて聞きました。これは危険ですね。

     意図せずにつぶしてしまう危険性は十分にありますし、直接皮膚で無くても、衣類の上でつぶれた後で皮膚に付着することも考えられますね。

     気をつけます!

    • spinicker より:

      思い返してみればこの虫、けっこういろんなところで見かけてます。
      虫を好きこのんで潰す趣味はないので(蚊はアレだとして)過去にぐうぜんやられたケース以外に被害はなく、その時にも「虫を潰した」という自覚はなかったので原因にもなかなか気づけませんでした。まさか虫のせいだったとは! (゚o゚)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑