*

ジビエ料理にも!料理画像をプロ並みに編集してくれるサイトはこちら!

公開日: : ジビエ・ワイルド料理

料理画像変換サイトfoodpic

ハンターをやってるからジビエ料理を食べるのか。はたまた、ジビエ料理が食べたいからハンターやってるのか。自前のカモ鍋が食べたい一心で狩猟を始めた僕は後者でした。(・∀・)

そして実際に銃を取って獲物も仕留め、なんの因果かこんなサイトをやるようになり、つたないながらもジビエ料理のレシピなんかもぼちぼちと公開していますが、なんかうまくいかないなぁ、と思うことがよくあるのが「料理の画像」です。案外難しいものですよね、これ。

写真を大きくジャンル分けすると「人」と「風景」、そして「料理」の3つに分かれるとかなんとかで、料理写真だけでひとつのジャンルを形成してるわけです。そりゃ素人がぱっと撮ってうまくいかないわけだ。( ̄∇ ̄;)

料理画像変換サイトfoodpic

そんな時に便利なウェブサイトが「foodpic.net」。手持ちの料理画像をサイトにアップロードするだけで、ものすごくおいしそうな明度・彩度に変換してくれるのです。もちろん無料!

料理画像変換サイトfoodpic

使い方はとても簡単。トップページの一番大きなイメージ画像の横にある「参照」ボタン(※ブラウザによっては「ファイルを選択」となっている場合も)をクリックしてアップロードする画像を選んだら、その下にある「UPLOAD」ボタンを押すだけ!

エゾシカのミラノ風カツレツ

実際にやってみましょう。画像はレシピページにもある「エゾシカのミラノ風カツレツ」から持ってきたものです。これをおいしそうに自動編集してもらいます。

この画像はサイズが小さいこともあって本当にあっというまに終わりました!

エゾシカのミラノ風カツレツ編集前

編集前のものがこちら。で、編集後のものが・・・

エゾシカのミラノ風カツレツ編集後

こちら! 全体が明るくなって色味鮮やか、輪郭もスッキリとしてこれは確かにおいしそう! (゚∀゚)

エゾシカのミラノ風カツレツビフォーアフター

比べてみると一目瞭然。変換前のものは衣がべちょっとしてそうですが、変換後はなんかパリッとした感じに。これだけ違うのか・・・。

キジもも肉の骨つきロースト

ついでにもういっちょ。今度は「キジもも肉の骨つきロースト」から持ってきた画像。

キジもも肉の骨つきロースト変換前

エゾシカのミラノ風カツレツの時と違い、赤と黄色の色味がない分だけ結果がシビアな感じになりそうですが、はたしてどうか?

キジもも肉の骨つきロースト変換後

それでも効果はバッチリでした、お見事!

キジもも肉の骨つきローストビフォーアフター

どう考えても変換後の方がうまそう。左の変換前の方がうまそうに見える、って人は少ないでしょうね。

おおざっぱな猟師が適当に撮った画像でもこれだけの効果。色合いやなんかの憂いはもう考えなくていいんじゃないでしょうか! 「ジビエ料理? 画像見せて!」なんて人に言われた時もきれいな画像の方がいいですよね。

あとは構図とか盛りつけとかを勉強すれば完璧かな。こればっかりは、このサイトでもどうにもならないところです。そのあたりが上達すれば、ジビエ料理ライフ、ひいては猟師ライフがもっと楽しいものになるかもしれませんね。(・∀・)

ううむ、なんかちょっといいカメラが欲しくなってきたぞ。そんな金どこにもないってのに。。。orz

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

古い冷凍鹿肉

大丈夫?真空パック済み冷凍ジビエ(鹿肉・二年もの)を食べてみた

狩猟を始めた当初、獲れる得物はそう多いものではありませんでした。 しかし、何年かやって

記事を読む

大鍋小鍋

カモ鍋用の土鍋。大きいのを買うか小さいのを買うかで迷ったら・・・

地域によって多少前後しますが、猟期は基本的に11月15日~2月15日。冬場です。すなわち鍋の

記事を読む

ばった

散弾銃も空気銃もいらない!そのへんで簡単に獲れるジビエ?食材

こんなブログに来られる方はまぁほとんどの場合、ジビエや狩猟に興味のある方がほとんどだと思いま

記事を読む

狩猟鳥獣

ジビエ認証制度の創設を機にジビエの流通について再考してみる

農林水産省が、ジビエ活用促進の目的で、ジビエの認証制度を創設するそうです。 「ジビエ」

記事を読む

エノコログサ試食01

ただの雑草じゃない!エノコログサ(ねこじゃらし)を食べてみた

日本人になじみの深い穀物として「五穀」と呼ばれているものがあります。地域や解釈によって多少の

記事を読む

トナカイ皿

夏に行ってみたい。トナカイを食べたり遊んだりできる北海道の牧場

ジビエに興味を示す人というのは、要するに「珍しいもの好き」という性質がより強く発現している人

記事を読む

猪ベーコン

風乾にちょっとだけ工夫が必要。夏場の燻製づくり。

後日作る予定のジビエ料理の材料として、何度目かのイノシシベーコンづくり。夏場の燻製づくりは冬場よりや

記事を読む

スズガモ燻製

おいしく食べるために。しとめた鴨を冷凍保存する時に心がけている事

(ハンターの務めだと思って撃っている)カラスやカワウとはちがって、カモとくるとこれはもう10

記事を読む

せみ

おいしいと噂のセミの幼虫を素揚げにして食べてみた結果。

「類は友を呼ぶ」という言葉どおり、そのへんのものを取ってきて食べる僕の周囲にも同じようなこと

記事を読む

バー

ジビエ料理によく合う!・・・かもしれないお酒はこれだ!

ジビエ料理の楽しみ方として(個人的に)最も限りなく正解に近いもの。それは、酒のつまみとして楽

記事を読む

Comment

  1. monndou_n より:

    こんばんわ。私は、写真も趣味のうちなのですが、なかなか気に入った写真を撮るのは難しいですよね。
    最近は、一眼レフよりiPhoneで撮って、Facebookにアップする時に自動補正をかけた後の方が綺麗に見えるような気が…。
    便利な時代になりましたよね。

    • spinicker より:

      おはようございます! (・∀・)

      一眼レフも欲しいんですけどねぇ。知り合いの写真家に言わせるとフルサイズがどうとかロウデータがどうとかで、コンデジとはひと味違うそうですね。僕はとりあえず構図の勉強をしたいです。(´・ω・`)

  2. ltchughes より:

     私も仕事で写真していましたが、、、いや、カメラより、肉、獲物が欲しいです。。。あと10日だというのに、仕事やら天候やらの関係で下見にも行けてません。。
     orz

    • spinicker より:

      それはもったいない! 猟期前の猟場見回りは何物にも代えがたい楽しみですよ。レンジファインダーと双眼鏡を持って出かけましょう。

      書を捨てよ、狩り場へ出よう! (・∀・)

  3. 藤屋 より:

    何とも便利な物が!昔ブログやってた時に「シシの旨煮」の画像を載せたのですが、「黒っぽい物体?」が写ってました。食べると、中まで「ジュワッ~と」軟らかく美味しいのですが伝えられませんでした。「カモ鍋」「ボタン鍋」の画像、期待してます。

    • spinicker より:

      僕も写真に興味あるのですが、どうもスナップの域を出れずに難儀しています。構図がダサいんだよなぁ。どうすればかっちょいい写真が撮れるようになるんだろう。(´・ω・`)

      知り合いの写真家は「写真は陰影」とか言ってましたけど、それも構図ができてるから言えることなんだろうなと。実はおいしいんだけど黒っぽい物体に写ってしまったシシの旨煮も、ライティングで見た目も完璧になってたかもしれないですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑