*

ガサドン・暴発だけじゃない。動画で学ぶノーオレンジ狩猟の危険性。

公開日: : 最終更新日:2017/05/15 狩猟ヒヤリハット・事故

狩猟誤射未遂

本邦で毎年のように起こる、猟銃による人身事故。昨期にもありましたね。(-_-)

記憶に新しいのは、兵庫県佐用町の事故。それと岩手県遠野市の事故。この二件はいずれも死亡事故、しかも若手が被害者で高齢者が加害者だった。というのが印象に残っている原因かもしれません。

あとは、この二件が日本における猟銃事故の典型例、ガサドン暴発であったというのも印象深さの一因かも。佐用町の方がシシと間違われてのガサドン、遠野市の方が脱砲不履行の暴発でした。

※佐用町の件については、典型的なガサドンではなく、獲物めがけて発砲→獲物に命中後銃弾貫通→被害者に命中。が真相でプレスリリースは不正確であるという指摘が存在することも追記しておきます。

スポンサーリンク

ガサドンでも暴発でもなさそうな誤射事故

一方で、ガサドンでも暴発でもなさそうな事故(未遂?)の動画を発見しました。

動画の説明によると

「七面鳥撃ちをしていた時、後ろに忍び寄った何者かが我々を通り越して撃った(shoots through us)」

というようなことが書いてあります。

結果、どうなったかというと、2分9秒あたりのこと。

狩猟誤射未遂

フレーム内には迷彩オンリーでオレンジなしの猟装に身をまとった人物が三人入っています。

そのうちの一人、こちらから見て一番左にいる人物。一発の銃声とともに腰のあたりを銃弾がかすめ、三人はあわてて後方にいるであろう人物に注意を促しています。

おそらく直撃ではなく、迷彩用のイミテーション葉っぱを撃ち抜いたような感じではないかと思われますが、それでも危険であることには変わりなし。

狩猟誤射未遂

形としてはこういうことだったんでしょう。

僕は銃器にも海外の狩猟事情にも詳しくはないんですけど、そう遠くないところから、おそらく小動物用の小口径ライフルでの射撃だったんじゃないかという気がしています。銃声の質、そして音と着弾がほぼ同時であることからそんな気がしました。

(動画に映っているハンター二名は遠射仕様の散弾銃ですが)

七面鳥

wikipediaより

日本では狩猟用として許可されない小口径(5.9mm以下)ライフルも、海外では小型鳥獣類がターゲットの狩猟では広く用いられているということなので、今回、後ろから撃ってきた人物もそういった銃を使っていたものかと。

想像でしかありませんが、動画の二人も、その後ろの人も、どちらも同じ七面鳥を狙っていたんじゃないかと考えています。人を狙ったわけではなさそう。

ライフルならスコープを載せて運用しているはず。

僕もエアライフルには最大20倍のスコープをセットして運用しているのでわかりますが、遠くの物をはっきり見ようとして倍率を上げると、手前にある物はぼやけて輪郭がわからなくなります。

双眼鏡で遠くの山にピントを合わせた状態にしてから手元を見ようとしてもまともに見えないのと同じです。

加えて、獲物を獲りたい気持ちが強すぎると、さらに獲物以外への注意が散漫になります。

ということから、後ろの人物のスコープはこんな感じで見えていたものと考えます。

狩猟誤射未遂

二人は動きにとぼしく、身につけているのは草木に似せた迷彩服、しかもスコープの被写界深度のせいで姿はぼんやりと映って草むらのように見え、極めつけは視線の先を歩くうまそうな七面鳥。お膳立てがそろっています。まさか人と人の間に射線を通したとは夢にも思っていなかったでしょう。(´・ω・`)

狩猟誤射未遂

ここに鮮やかなオレンジの色彩が入っていれば…。後ろの人がどれぐらいの間スコープをのぞいていたかを知る由はないんですが、やはりどこかで気づいたんじゃないかという気がするのです。

まぁ、一連の状況についてはほとんど僕の想像というか脳内設定の産物であって、起きている毛利小五郎ばりのガバガバ推理じゃないかという意見もあるかもしれませんが、上記のように考えてもあまり違和感がないようにも思います。

僕も経験ありますが、山で見るこの色はやはりよく目立つのです。

すべての事故を防げるわけではなくても、やはり有用であることは実証済みのハンターオレンジ。どこかに着けて出猟するようにしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

救急

東名高速のバス事故から学ぶ、事故回避における予測の重要性

気がつけば猟期が終わってからもうぼちぼち3か月。気にせねば気づかないほどゆっくりと、しかし確

記事を読む

川流れ

狩猟ヒヤリハット体験その3  猟師の川流れ

空気銃でのカモ猟をメインに狩猟をやっていると回収に手間がかかるのが普通になって、たまにキジや

記事を読む

子供は神出鬼没

狩猟ヒヤリハット体験その1 子供は神出鬼没

銃猟ハンターであれば、公道(発射した弾丸が公道上を通過する場合も含む)での発砲は禁止である。

記事を読む

こける

慣れてきた頃が危険。spinickerのシカ猟中プチ滑落動画2

あと一ヶ月半ほどの山開きを楽しみにしながら昨シーズンの動画を見返していたところ、そのうちup

記事を読む

脳

誤射事故防止のために。ハンターが知っておくべき目の錯覚と脳の話。

またしても発生してしまった、猟銃による事故。  10日朝、島根県出雲市の山林で、猟

記事を読む

注意一秒ケガ一生

瞬時に止血できる新発明「Vetigel」はハンターの救世主となるか?

僕自身は今のところ幸いにも狩猟中に大量の出血をともなう外傷を負ったことはありません。ちょっと

記事を読む

こける

狩猟ヒヤリハット体験その2 単独猟、忍び猟で負傷

人間、生きている以上、ケガはつきもの。「ケガなんかしたことない!」ってな人は皆無でしょう。小

記事を読む

捜索!

狩猟ヒヤリハットその7 猟銃紛失・見失いはこうして起こる!

猟銃に関するトラブルといえば誤射などの他損事故を思い起こしがちですが、地味に「紛失」というの

記事を読む

caution

新しい狩猟読本が猟銃事故防止にいい感じな件。

僕が初めて狩猟免許を取得したのは2011年か2012年か、まぁそのへんです(適当)。 2種

記事を読む

餌

狩猟ヒヤリハット体験その6 ハンターと餌付け民

以前にも言った記憶がありますが、たいていの場合、ハンターというものは動物が好きな人種です。動

記事を読む

Comment

  1. 滋賀のくまさん より:

    ((゚□゚;))
    怖い映像でした。
    山や草原であんな格好されたら分かりませんね。
    オレンジ色の重要性が良く解る動画でした。

    勢子をしてると、待ちと合流する時が一番緊張します、そんな時に獲物が出たら…

    明日の我が身を観てるみたいでドキドキもんでした。(((・・;)

    オレンジと矢先の確認 大事です
    (・д・ = ・д・)

    • spinicker より:

      僕は勢子の経験はないんですけど、大変そうですねあれは。体力勝負で。あとは…たしかに待ちのところへ行く時は注意が必要ですね。僕も待ちの移動で誰かの近くを通る場合はあらかじめ伝えてから動くようにしています!(・∀・)

  2. りゅーじ より:

    これ、スコープ覗いてるとすごい分かります(^_^;)
    僕の所属の猟友会総会で聞いた話では、佐用の事故の加害者は、スコープを乗っけた銃で猪を目視して発砲し、猪も当たって死んでいたそうです。
    そこで、支部長が「スコープで獲物を見ると周りが見えなくなる、私も過去に猪をスコープに捉えたが、頭か尻か一瞬判断がつかず撃てなかった経験があります」と…

    僕の猟場は谷間の休耕田での待ち撃ちなので、倍率も2.5~4位ですし飛んできて枝に留まったのを目視して撃つので比較的安全かな?16倍使うのは笠取ぐらいです(^_^;)

    河川敷で撃つ人はより注意が必要ですね(・ω・;)
    遠射できる空気銃増えてますし、スコープの倍率も凄いし…

    • spinicker より:

      佐用の誤射はそんな状況だったのですか…。報道では単にシシと間違われたようなニュアンスでしたね。わからないものです。ライフルでシシを抜いてその後ろの人に、ってことか…。

      昨今は空気銃の性能アップがいちじるしいですね。装薬銃はもうシステム的に完成してるようなところもあるけど、空気銃はいろいろ進歩があって面白い。その分注意も必要になってきますけど。。。(´・_・`)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もうかりまっかPC01

  • ハンターたる者、常により良い狩猟車を追求するべし! (`・ω・´)

PAGE TOP ↑