狩りバカ日誌 2019年1月2日(散弾銃・単独忍び猟)

2019/01/07 | 狩りバカ日誌2018

曇り時々雪 5℃/‐2℃ 目を覚ますとサンバーの荷室だった。そういえば時間とガス代の節約に昨日は山中で車中泊したんだったな。家から遠いし。 関連記事:狩りバカ日誌 2019年1月1

続きを見る

狩りバカ日誌 2019年1月1日(散弾銃・単独忍び猟)

2019/01/04 | 狩りバカ日誌2018

晴れ 10℃/1℃ 2019年一発目の出猟。元日に猟場に出るのは恒例だが、例年は空気銃猟。今年は亥年ということで単独忍び猟でシシを狙うことにする。 というのも、奈良

続きを見る

安全確認→発砲、の前に挟んでもらいたい工程はこちら。

北海道でまた狩猟事故が発生した模様。今度はどうやら流れ弾が原因であるとか。矢先の安全不確認です。(-_-) 手に大けが 別のハンターの弾か(NHK) 獲物の確認。矢

続きを見る

狩りバカ日誌 2018年12月23日(散弾銃・巻き狩り)

2018/12/26 | 狩りバカ日誌2018

曇りのち雨 16℃/9℃ 今期から本格デビューの若猟犬。先代犬が引退したため、こいつががんばってくれないと当猟隊の未来は暗い。(´・ω・`) のであるが、まだ山へ入れると、獲物を追

続きを見る

続・モニタの前でえび満月でも食べながらイノシシの居場所を探る方法

2018/12/20 | 狩猟よもやま話

脱・単独猟におけるイノシシ童貞。 こいつを達成するために今期は今までとはちがう猟場を新規開拓しているのですが、なっかなかシシに出会うことができずにいます。orz ここまでは以前

続きを見る

山奥のバッテリー上がりも大丈夫。猟師向け車用モバイルバッテリー!

いやはや、ちょっと肝が冷えましたね。もうちょっとで山中で立ち往生するところでしたぜ。orz ついこないだのこと。 今日の猟場はかなりの山奥。単独猟の準備をととのえ、装備一式を確

続きを見る

一目瞭然な「ブラック企業マップ」で田舎暮らしの転職をスムーズに!

狩猟にドはまりした結果、よりよい狩猟環境を求めて田舎暮らし・移住を画策しているハンター諸氏も少なくないのではないでしょうか。かくいう僕もそんな一人です。(・∀・) 来年の11月に一番

続きを見る

射獲動画つき狩りバカ日誌 2018年12月2日(散弾銃・グループ猟)

2018/12/07 | 狩りバカ日誌2018

恒例となりつつある、巻き狩り前の単独猟。30~40mほどの距離で踏み出したメスジカに射掛けるも外してしまった。今期ここまで3ショット3キルで撃てばしとめる、という形だったが、ここへ来てとうとう

続きを見る

実例あり。新規追加がなくてもハンターマップは毎年熟読しましょう

猟期に入って半月ほど経ちました。猟果はいかがでしょうか?(・∀・) 僕は現在の所はまずまずです。カモ二羽にシカ二頭。猟期が終わる頃に冷凍庫が満杯になってたらそれで十分。脂のよく乗ったシシ

続きを見る

狩りバカ日誌 2018年12月1日(空気銃・流し猟)

2018/12/02 | 狩りバカ日誌2018

晴れ 15℃/4℃ 今季初の空気銃猟…ではなく、二度目の出猟である。初猟は大人の事情で割愛させていだだいた、べらんめえ。( ゚Д゚) 今日も微妙に日の出の時刻に間に合わず、7時前から水

続きを見る

狩りバカ日誌 2018年11月25日(散弾銃・忍び猟)

2018/11/27 | 狩りバカ日誌2018

晴れ 15℃/5℃ 今期から単独猟時にはシシと会える可能性の高そうな場所を選択している。これまではシカのついでに獲れればいいか、ぐらいに思っていた。 大人の事情で詳しくは書

続きを見る

恵庭市盤尻の誤射事故が不可解な点だらけなのでまとめてみる

今年も猟銃の死亡事故が起こってしまいました。 誤射被害で職員死亡、森林管理局の悲痛コメントが反響呼ぶ タオルをシカの尻と? 恵庭市ハンター誤射死亡事故 十分な確認をしない重大な

続きを見る

狩りバカ日誌 2018年11月18日(散弾銃・グループ猟)

2018/11/21 | 狩りバカ日誌2018

晴れ時々曇り 16℃/6℃ 今年度一発目のグループ猟。去年までとは大きな変化があった。 長年にわたり獲物を出してくれた老紀州犬が体調不安のため引退。10歳。もうあと2年ほどはい

続きを見る

狩りバカ日誌 2018年11月16日(散弾銃・忍び猟)

2018/11/17 | 狩りバカ日誌2018

晴れ 16℃/6℃ 大げさでもなんでもなく、夢にまで見た、それも複数回見た、2018年度の猟期開幕。目が覚めては「ああ、夢だったか」とガッカリしたことも一度や二度ではないが、今日は正真正銘の出猟

続きを見る

870ハーフライフルで二年ぶり二度目のランニングターゲット射撃に行ってきた

2018/11/12 | M870, 射撃

猟期直前ラストスパートの期間。三日後には開幕です。駆け込み準備もそろそろ終えておかなければという時期。 僕も準備の仕上げとして、京北綜合射撃場のランニングターゲットで動的射撃のチェックをしてきま

続きを見る

狩猟の質問「なぜ弾頭は鉄じゃなくて柔らかい鉛なの?」に答えます!

最近は開店休業状態のブログ宛てメール。久々に質問が届きました。 なぜ鉄砲の弾は鉛でできているのですか? 鉄の方が硬くていいんじゃないのですか? スポンサーリンク これは以

続きを見る

3年保存が頼もしい。車に積んでおける「ガソリンの缶詰」で災害対策

10月末あたりから当地では和歌山県北部を震源とした地震が続き、不安がつのる今日この頃。もうじき猟期だというのに心に影が差しています。今日も朝方にちょっと揺れました。 そう遠くない将来に東

続きを見る

分割式へ。狩猟用の携帯式獲物ハンガーをアップデートしてみた

2018/11/01 | 猟具・猟装

地域や猟隊、人によってそれぞれの方法がある、獲物解体のやり方。 僕がシカを解体する場合は、鹿師匠から教わった方法で実行しています。「獲物用ハンガーと滑車で立ち木から吊す」という方法です。

続きを見る

狩猟中の負傷ワースト5(2017年度まで)を挙げていこうと思う。

その昔、「傷は男の勲章」なんて言葉がありました。もしかしたら今でもあるのかもしれませんが。 僕は痛いのキライキライ人間。勲章なんていらんからケガすることなく生きていきたい派なんですけ

続きを見る

【秋定期】クロスカブで猟場の見回り・ロケハンに行ってきた【2018】

先の日曜日。日本晴れの素晴らしい陽気に誘われて、猟期前の猟場見回り&ロケハンに行ってきました。 クロスカブを買ってからというもの、こういった任務にはほぼクロスカブで出るようになりまし

続きを見る

狩猟したいインドア派だけど続くかな…って人に贈るアンケート結果。

2018/10/23 | 狩猟よもやま話

「狩猟を始める前の自分はインドア派アウトドア派どっちだったのか」 という疑問を抱くようになったのは、ハンターになる前の自分の行動を思い起こしてみた時のこと。 考えてみれば、釣り

続きを見る

狩猟ヒヤリハットその13 鵜呑みにできない、ベテランのアドバイス

猟期まで1ヶ月を切ったこの時期。いよいよハンターはじっとしていられなくなってきているであろうという、やきもきしながらも楽しみな季節です。 もう何年目かの経験があるというハンターでもそうな

続きを見る

原付バイク+リヤカー。二輪車による牽引で獲物の運搬を検討してみる

2018/10/15 | 狩猟車・猟用車

狩猟は何かと物入り。その出費に二の足を踏んで、興味はあるんだけどなかなか前へ進めない。なんて方も少なからずおられることでしょう。 とりわけて高価なのが狩猟車。猟のスタイルや環境によっては

続きを見る

先猟期の結果を受けて狩猟用サボット弾の選定を考え直してみた

2018/10/11 | 射撃

先猟期はフェデラル製のサボットスラッグ弾を使用していたspinicker。 しかし60mほど先のやや撃ち上げでシカ成体の体を縦に貫通(胸元から入射して背中の後ろ、腰のあたりから射出)、一

続きを見る

超格安スコープ。visionking VS1.25-5x26Lのスラッグ射撃レビュー

2018/10/08 | 猟具・猟装, 射撃

格安スコープお遍路の旅、第二弾。今回はちうごくのVisionkingというメーカーの「VS1.25-5x26L」というスコープです。 ちなみに第一弾は昨年10月の「モスバーグ製M87

続きを見る

無駄足回避。新規猟場開拓中は路駐の車にも注目しようというお話。

2018/10/03 | 狩猟よもやま話

猟師の楽しみのひとつ、新規の猟場開拓。このブログでも過去に何度か取り上げています。 関連記事:初心者ハンター必見! My狩り場の見つけ方 関連記事:禁猟区の詳細確認

続きを見る

クロスカブをDIYで黄色→つや消しグレーに全塗装してみた。

2018/09/30 | クロスカブ改造

僕のクロスカブは黄色。目を引く色です。気に入ってはいるんですが、なんというかこう、変化が欲しい。 よし、カブなんかおもちゃみたいなもんなんだから、適当に自分で塗ってやろう!(・∀・)

続きを見る

youは何しにそんな所へ?野生動物の意外性と頑丈さを再確認してみる

野生動物の意外性というものは、どちらかというと彼らとの接触の多い我々のようなハンターをも仰天させることがあります。 ハンターですらそうなので、次の動画で顛末を見守っていた人たちにとっては

続きを見る

狩猟用ざぶとんなどを自前の獲物でレザークラフトしたくなった話

巷では、ハンターは食品として肉が欲しい「ミートハンター」と、戦利品として飾るためのオブジェが欲しい「トロフィーハンター」に大別できる。などと言われたりしています。 どちらが良い悪いとはこ

続きを見る

心に残る狩猟シーン4 主役は遅れてやってくる

鳥の鳴き声さえしない、冷気と静寂が支配する早朝の山。 火を焚いたりはしない。いつもの猟場のいつもの待ち場で、いつもの切り株に腰をかけている。並ぶのは苦手だが待つのは得意だ。ただじっと座っ

続きを見る

もうかりまっかPC01

PAGE TOP ↑